視力の悪いかたへ

[dfads params=’groups=227&limit=1′] 視力が悪くてメガネを掛けている人が多いのが、今の日本の現状です。

メガネを掛けているかたが多いですが、掛けていなくてもほとんどのかたがコンタクトレンズを装着しているのではないでしょうか。

周りを見回してみても、視力が良いというかたは本当にいないように思いますが、皆さまの周りではいかがでしょうか。
最近では、メガネもお洒落になり、実際には視力が低下していなくても、ファッションにおいて掛けているかたも多くいらっしゃるようです。

コンタクトレンズも同じで、ファッションにおいてカラーのコンタクトレンズを入れていらっしゃるかたが増えています。
見た目だけでは、実際視力が良いのか低いのか判断がつきかねます。

また、若い頃には、視力が大変良かったという人でも、年齢を重ねるとともに悪くなるかたも多いです。

恐らくはそれは、環境や身体の老化のせいなのでしょう。

遠くを、確かめる機会が少なくなり、目の前のテレビやパソコン、ゲームの画面ばかり観ているからですね。

視界を悪くするものがないアフリカの草原で暮らしている民族などは、皆、2.0を遥かに上回る視力を持っています。

日本で生活する分には、2.0ほどの視力も必要ありませんが、最も視力が悪くてメガネやコンタクトレンズのお世話になるよりは、そのようなものが無用ほうが良いですよね。

いざ、視力回復の方法は何かとあるようですが、そのようなことをするよりも、メガネやコンタクトレンズに頼るだけのかたが多いようです。
視力を良くするためには、手軽ですから仕方のないことでしょう。
ですが、果たして視力回復を実現する方法があるのなら、試してみたいと思いませんか?
ここでは、そのような方法を幾つか紹介しつつ、皆さまとご一緒に考えてみたいと思います。

視力が悪いことの不自由さ

視力の良いかたにさほど理解してもらえないのが、視力が悪いことの不自由さでしょうね。
離れたところの文字やものがちゃんと見えないことが、これ程不自由であるのか・・・というのは、視力が悪くなってはじめて実感することです。
多くのかたは、学生時代にこれを経験するのではないでしょうか。
そうです、最初は、黒板の文字が思えづらくなった、というところから始まるようです。
少し前まで普通に見えていた黒板の文字が思えなくなったときのショック。
もしくは、席替えを通して、後ろの方の席に変わった時、黒板の文字が見えないことに対するショック。
とても衝撃的なものであったでしょう。
学生である以上、黒板の文字が見えないということは致命的とも言えます。
ですから、対策としてご両親のどちらかと共に、メガネ屋さんへと足を運ぶことになったでしょう。
社会人になっていて視力が悪くなった場合には、特に危機感はないでしょうが、最も仕事をするうえで不便なことは多いですし、自動車の免許をとる場合も視力が悪いといけませんね。
スポーツを楽しむ場合にもメガネが邪魔になることが多々ありますし、温泉などでもメガネはとっても不便です。
職業によっては、一定以上の視力がないとその職に就けないというものさえありますね。
視力が良くて不便ということは聞いたことがありませんが、乏しいのは明らかに不便で不自由ですから、視力回復の良い方法があれば、どなたでも引っかかるものです。
現時点では、視力回復のための方法というと如何なるものがあるでしょう。
次回は、そのあたりをお話してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました