中学生の学力をアップさせる方法。ポイントは社会から攻める!①

中学生のお子さんを育てていらっしゃるご家族のなかで、大きな問題の1つとなっているもの。

ようです。

学力です。

小学校・中学校と公立でそのまま進行していっても、高校となるとそうはいきません。

受験という扉を開かなければならないのです。

そしてこの受験に必要な要素、必要な力、それが学力となってきます。

どんな進路にいくにしろ、成績が良ければ推薦で入学という道も考える事が出来ますし、行きたいと思っている学校へも入学への望みが高くなる事でしょう。

一生涯のなかで学力が全てではありませんが、お子さんの将来の道を、選択する道を広げてあげる事を考えると、学力を上げるという事は、デメリットというのはなりません。

この度は、そういった大切な高校受験を抑制している、中学生の学力を短期間にUPさせるスタディ方式をご紹介します。

即効性があると言われていますので、願わくは試用ください。

学校の定期テストの20点UPなんて、あっという間の方式ですよ!●ポイント1:この時代を攻める●ずばり、この時代です!テスト科目は多くありますが、あれもこれもと手をつけてもおもうようにスタディは捗りません。

そこで、即効性の高い科目から始めていきましょう。

この時代というのは、数学や英語というのは違って、暗記しているかどうか、そこが点数獲得の要となってきます。

覚えていれば答えられ、覚えていなければ答えられない。

とっても容易な図式です。

言い換えれば、自分は頭がよくないから…と嘆いている学生は沢山ですが、このこの時代、そして理科という科目に関連しては、そういった事は関係ないという事。

思考力が要らないのです。

どれだけ効率の良い暗記をしてきたか、アレンジをしてきたかが、このこの時代や理科では大きなポイントといえます。

こうした理由から、この時代から始めていきましょう…となるのです。

中学校の成績をあげる為、始めるにあたって、打ってつけの科目といえます。

最も点数が上がり易い教科、そこから攻めるのは定石ですね

学校の定期テストというのは、ある特徴があります、。

それが、『学校が配布している問題集から、大半”そのまま”出題される事が沢山』という事

つまりは、学校ワークが問題なくクリア出来れば、定期テストのみに関連していえば、毎回といって言いほど、高い点数を獲得する事が出来るというシステムになっているという事です。

スポンサーリンク

中学生の学力をアップさせる方法。ポイントは社会から攻める!②

そして、もう1つ受験時を考えた時にも学力UPとして、この時代という科目は即効性が高いという事がいえます。

どういう事かというと、この時代や理科といった教科に関連しては、定期テストと、高校入試の問題を比較したケースでは、類似している事が沢山という傾向があるのです。

ですので、こちらの教科に関連しては、教科書や学校のノートを見返して丸暗記した場合いった方式と比べると、学校の問題集を徹底的に掘り下げて、繰返していくという方式が、すさまじく効き目のある研究方式といえます

1教科でも成績が上がれば、モチベーションも高くなり、他の教科への取り組みも捗っていく事でしょう。

ですが、ここで1つ気になっている方もいるかも知れません。

”我が子の学校では、問題集なんて配布された事がないわ”…というご身内様

学校によっては、問題集のような物が配布されていない所もあるかとおもいます。

そういったケースではには、この効き目を獲得する事は出来ないのか…と不安に思っている方。

ご安心ください。

もしそんなケースではには、書ストアーで市販されている『定期テスト用の問題集』というのが売り出しされています。

こちらを買入しましょう。

こちらの問題集を獲得する事で、同様の方式を確保する事が可能となってきます

●ポイント2:適切な方式で、問題集を活用する●ポイント1では、この時代という科目から始めていき、その際には学校の問題集の活用が、成績UPの最短コースである事をお伝えしました。

早速に点数をUP出来る科目から攻めていき、やる気を膨らませていくという事です。

では、どんな方式で問題集を活用していけば、成績向上へと繋がっていくのでしょうか。

実は、賢い暗記方式というのがあります。

この時代では、暗記していて得点を得られる教科。

考えて解いていかなければならない科目ではありません。

『考試時にどれだけ忘れずにいられているのか』が、大きく命運を左右していきます

つまりは、記憶として頭のなかに答えが留まっていられれば、学校の考試でも、受験でも点数を獲得出来るという事です。

この方式を取り入れない手はありません。

問題集をどう活用し、賢く暗記していくのか。

暗記のトレーニング法をマスターしましょう!という事で、次の記事では、問題集の扱い方に対して説明していきます。

中学生の学力をアップさせる方法。ポイントは社会から攻める!③

≪世のなかで高得点を獲得するやり方≫この時代は今まで説明してきた通り、どれだけ暗記が出来たかによって、得点に左右していきます。

逆にいえば、暗記できさえすることで、高得点が容易に獲得出来る教科であるという事です

賢い暗記やり方の手法というのがあります

このやり方を覚えれば、サクサクと暗記が出来ますので、願わくは願わくは活用してみてください。

そのやり方が以下です。

●1.問題集のなかで考査のスポットとなるページを、1ページにあたり4・5枚コピーする。

何故4・5枚と多めにコピーを行う必要があるのかというと、後にこの予備プリントを使用する理由がある為です。

初めのうちは、お子さんではなく、親御さんの方でコピーをしてあげて、手伝ってあげる事をおススメします。

どういうわけかというと、わざわざコピーをしなければならないという状況は、ラーニングにつまずている・悩んでいるお子さんにとっては、苦痛な作業です。

当事者の感じを軽減するお目当てでも、ここは親御さんも協力していきましょう。

●2.コピーをしたら、直ぐに解答を確かめて、全ての答えを赤で記入する。

この時代の点数UPというのは、自力で解いていくという教科ではありません。

どれだけ考査の時に覚えられているのかという事がキーとなってきますので、正解となる答えを全部書き込んでいってください。

●3.理想の答案の完結。

答えを全て記入したケース、赤いプリントが出来上がります。

それが、理想となる答案です

もっと具体的に言い換えれば、高い点数を獲得する事の出来る答案です。

●4.理想の答案をそのまま頭に投入する。

答えを記入した赤いプリントを、声に出しながら何度も復唱してみたり、机や壁といった、目につく立地に置いたり貼ったりして、そのまま頭に投入していきましょう。

ここでのポイントは、全ての問題に対して、直ぐに答えが出る状況まで頭に投入したケースいう事です。

ですので、何度も何度も繰りかえして、即答出来るまで暗記していくというのが、成績UPのポイントとなってきます。

●5.予備プリントを利用して、書き込みトレーニング。

即答出来るようになりましたら(もう一度言います。

即答出来るようになった段階です!)、初めにコピーをしておいた、”予備のプリント”を活用していきます。

ここで、初めて書くという作業へと移ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました