中学生の学力をアップさせる方法。ポイントは社会から攻める!④

確かめます。

ここまで暗記手法が進行していると、アナタは今、答えをスラスラと”言える”有り様になっていますね。

(出来ていなければ、前記事の段階を必ず踏んでください。

)では、今度はその有り様を考課スタイルみたいに、スラスラと”書ける”有り様へと進めていきましょう。

この書き込みのトレーニングと言うのは、とっても重大です。

言えるようになっただけでは、ありのままに考課で書かなければならない状況になった時に、「あれっ?」とつまずく問題が必ず出てきます。

漢字で書くとどうだっけ?なんて事も発生します

こんなようでは、いくら言えていても、考課の時には減点の対象です。

こうしたミスを防ぐ為にも、書くと言う事は重大です。

書くと言う作業を行なう事で、より確実に暗記が定着したケース言うメリットがあります、。

書き込み作業の段階に入ったら、願わくはテストだと思って取り組んでください。

テストのユニークな雰囲気と言うのは、常々出来ていた事、確認出来ていた冷静さも、ガッカリながら欠ける事があります。

定期考課ならまだしも、これが受験であったなら、とっても勿体ないマイナスです。

こんなミスへと近づけないよう、心持ちをテストに近づける目的でも、自分をそうした環境要件に置いてトレーニングする必要があります。

決して、言えるようになっただけで満足せず、必ず、この書き込みトレーニングは行ってください!以上が、問題集の有効的なこの時代での活用手法です。

この5つの段階によって、劇的に成績はUPします。

試さない手はありませんよ!定期テストは、この暗記手法で90点以上獲得する事も容易です。

そして、この手法はこの時代だけじゃなく、了解にも通用する手法です。

理科も暗記がキーポイントとなってきますので、この時代と同様に励んでみましょう

●まとめ●成績UPを目指しているお子さんには、まずは、このこの時代と理科から進めていきましょう。

暗記がきっちりと出来ていれば、容易に点数UPが見込める教科です。

この成績がUPした、点数が数十点も上がったと、目に見える向上が見られれば、志が膨らみ、研究への姿勢もチェンジしていきます。

まずは、”やれば必ず帰趨は出る”と言う経験をさせてあげましょう。

そして、今研究しなくてもまだ大丈夫…と言う意識を変えさせていく事が重大です。

その為にも、この即効性のある研究手法は、とってもおススメです。

一度お子さんといっしょにトライしてみてください。

スポンサーリンク

中学の数学学力をアップする、おすすめ勉強法①

小学校から中学校へと学業が進行していくと、多くの学生さんが、数学でつまずいています。

平均点が取れず、ましてや授業が進むにつれて、わけがわからなくなる…といった声も聴かれます。

そういった数学で平均点を取りたいと願っている中学生のお子さんに、朗報です。

ここでは、数学の学力を上げる手順をご案内します。

実は、数学の学業手順にはこつがあるのです。

知っていましたか?効率の悪い学業法では、考試に間に合わない事は当然の事、自分のなかでの整とんが出来ずに、中々学業が進まない事態へと陥ってしまいます

教科科目には、個々に学業手順のこつがあります。

そこを会得して進めていく事で、定期考試や高校受験にも通用する学力を上げていく事が出来ます。

そのこつをつかんで、アナタも学業の楽しさを実感してください

●ポイント1:教科書の基本問題に限定する●数学がからっきし…と苦戦している方は、取り組むエリアを限定するのがおススメです。

あれもこれもと手を出してしまうと、余分に頭の中がこんがらがってしまい、結局得られる物がなかった。

と言う悪循環になります。

ですので、基本例題にのみ絞って、応用問題には手を付けないといったように、選別してしまいましょう。

それで大丈夫?と不安を抱くかも知れませんが、基本の問題が解けなければ、いくら応用問題をこなそうと思っても、解く事は出来ません。

応用問題は、基本例題をちゃんと会得し、解けるようになった後から取り組んでも間に合います。

まずは、基本を、土台をちゃんと作っていく事が、最短の数学学力UPのポイントです。

限定を行う事によって、取り組む問題も減りますので、心持ちの上でも楽になります、。

この心持ちを軽くする事は、学業に取り組む際には凄く重要です。

集中して問題に取り掛かるお目当てでも、選別してしまいましょう。

この、基本例題だけに取り組む時ですが、1点重要な要素があります。

それが、『解けなかった時には、そのままにはしない。

必ず会得するまで投げ出さない』と言う事です。

説明を読み込んでも解らなかった時には、必ず学校の先生、塾の先生に聴くようにしましょう。

自分自身で説明を読んでも難しい事が沢山です。

聴く事で、自分のなかで消化出来ない点を明らかにして、良い助言を貰えますので、より成績UPに繋がります。

これを続けていき、教科書の基本例題に関連しては、全て自分の力のみで解けるようになったと言う有り様まで、持っていくようにしてください。

中学の数学学力をアップする、おすすめ勉強法②

●ポイント2:問題集を活用する●この段階に移行するのは、前記事でも記しましたが、教科書の基本例題全てを解けるようになった段階です。

まだ基本例題で自信のない問題、解けていない問題があったケースには、こちらの問題集にはまだ手をつけないようにしましょう。

それが、学力UPの最短コースですよ!では、基本例題を全て解けるようになったアナタに、次の段階を説明します。

それが、学校から配布されている問題集の活用です

こちらの学校配布の問題集でも基本題だけで構いません。

開いたら、まずはテストエリアとなる問題を抽出して、軽く解いていきましょう。

そして、”解く事の出来た問題”と”解く事の出来なかった問題”とに区別をしていきます。

重点に置くのは自然ですが、後者の”解く事の出来なかった問題”です。

『どうして解く事が出来なかったのか』これを考える事で、何処で間違えてしまったのかという、自分のデメリットを把握する事が出来ます。

デメリットが見えれば、克服する事が出来ます。

説明を読み込んで納得する事が出来たら、その問題を、後日、復習としてもう一度取り組んでみてください

●ポイント3:説明を読み込む●数学が不得意と感じ取っている多くの中学生が、実は説明をじっくりと読み込んでいるという事をしていない傾向が高いです。

数学というのは、○か×かという2択の答えでは導き出す事が出来ません。

この発想だけでは、なぜそういう計算式になるのか、どみたいに解き明かしていかなければならないのかという、”考え方”に目を向ける事が出来ません。

数学では、この考え方が重大です

成績が上がらないのは、この考える事に目が向いていない事にあります。

では、どうように考え方に目を向けていく姿勢を作っていくのか。

それが、説明を読み込んでいく事ですのです。

それでも解らない部位があれば、先生に尋ねる等して了解をしていきます。

したケースチェンジが出てきます。

問題を解いていくと、”なぜ間違えてしまったのか”、”何処で自分の考え方が違っていたのか…”という原因が見えてくるようなってす。

この原因が見えるという事が、数学の成績UPの要ですのです!数学というのは、単に計算をしたケースいう事ではなく、考える力を伸ばすための科目である事を御存じでしたか?ですので、”考え方”にこだわり抜いていく事が、最も急いで数学の学力を上げる手法となってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました