中学の数学学力をアップする、おすすめ勉強法③

説明を読み込むと言う事は、考え方に着目したケースいう事と直結していますので、数学の学力UPには欠かせないこつとも言い換える事が出来るでしょう。

こみたいにスタディやり方をチェンジさせてみると、効率がUPし、把握度も上がるため、段々と『あ、分かるようになってきた!』と言う光が見えてくるようになります。

ここまでくると、数学に対しての不得意意識も薄らいでいる段階です。

解く事が楽しくなり、数学への取り組みもチェンジしているはずです。

●まとめ●以上が、数学の学力UPに欠かせないスタディやり方となってきます。

数学と言うのは、単に暗記を行うことによって解く事の出来る実一般世間や理科といった教科というのはちがい、積み上げ式の教科です。

学期や学年をまたいで、個々の単元と言うのは”つづき”として発展していく内容となっています。

ですので、不得意と感じ1度つまづいてしまうと、その次の単元でもつまづいたままになってしまうと言う、”解らない”と言う有り様がみるみると深みへと嵌っていってしまうのです

そうならない唯一の克服策は、分からないままをそのままにしないよう、早めに復習をし、デメリットを見つけ克服していく事。

数学ではたいせつな要素となってきます。

説明を読んでも解らない、授業中の先生の説明では解らない…と言うケースには、個別に尋ねて解らない部位を明確にしていきましょう。

そして、数学と言うのは、ただ単に計算して解いていくと言う科目ではなく、『考える力』を伸ばすための科目です。

なぜその計算式を用いるのか、自分は何処で間違ってしまったのか、それを考えていく事で数学の本質を掴む事が出来ます。

願わくは、説明をじっくりと、丁寧に読み込んでいく習慣をつけていきましょう。

以上が、定期テストでの成績UPのスタディやり方でした。

ここまで進める事ができたら、次は願わくは、実力をつけるスタディやり方へと進めていく事をおススメします。

何故なら、数学は実一般世間や理科とちがい、定期テストと高校受験のテストでは少々勝手が違ってくる為です。

現実に、学校の定期テストでは成績が良いのに、模試では下がってしまっている・・・と言う学生さんは沢山です。

これは実力がついていないから。

高校受験に必要な数学の学力をUPしたい方は、『高校受験に役立つ数学力UPのスタディ法』の記事を参照にしてみてください。

スポンサーリンク

高校受験に役立つ数学力アップの勉強法①

高校受験に向けて、数学の学力をUPしたいと言う方は、こちらのラーニング法を一度試用ください。

ただし、こちらのラーニング手順は、学校の定期テストでも平均点以上を取られている方におススメします。

定期テストで平均点が取れず、不得意意識を持っている方、基本例題を解く事が難しいと言う方は、まずは、別記事『数学の学力をUPする、おススメラーニング法』を参照にしたケース良いでしょう。

数学の学力UPのこつが解り、その上で、こちらの記事でご案内するラーニング法を試用する事で、高校受験でも通用する実力を獲得する事が見込めます。

段階的に学力を挙げていく事で、無理なく、そして最短で成績UPへと繋がりますよ。

●ポイント1:スコアを上げたいのならば、復習手順はテーマ別に●定期テストと、高校受験で大きく違うのは、出題されるスポットです。

定期テストのケースではには、学期ごとに習った部位がスポットとなってきますが、高校受験のケースではには、中学校3年間で身に付けしたスポット、全てから片寄る事なく出題されると言う事になります。

つまりは、高校受験の数学は・中学1年で習った単元・中学2年で習った単元・中学3年で習った単元この全ての単元をマスターしている必要があると言う事になります

こう説明したケース、不得意な単元あるケースでは、過去を遡って、1つ1つクリアしていけるように復習していくと言う必要性が出てきますが、このケースでは、アナタはどんな手順を取り投入するでしょうか。

この時に取りがちなのが、やみくもに、とりあえず復習していくと言う事。

こんなようでは、とてつもなく非効率の上、捕捉度も低めのままとなってしまいます。

高校受験までは期間が決まっています。

そのなかでいかに効率的に復習し、自分のなかで身に付けさせていくかがカギとなってきますので、有効な復習手順を行っているか否かと言う事は、受験に打ち勝つ為には欠かせない要素であると言えます。

では、どような復習手順が最良ですのでしょうか。

それが、『テーマ別』です。

≪テーマ別と言うのは≫解り易いように、例に出してみましょう。

例えば、【関数】と言う部門をテーマとします。

このテーマは、各学年で違った単元を習っています。

・中学1年時:比例・反比例・中学2年時:一次関数・中学3年時:二次関数

定期テストで国語の学力をアップしたい!おすすめ勉強法①

世の中や理科は暗記が要、数学は基本例題から進めて、クリアしたら応用問題。

そして積み上げ式だから各単元をテーマ別にきっちりと会得できている事が要、という事をおのおのの記事にてご紹介しました。

目を通していない方は、願わくはご一読ください。

では国語は?よく、国語は読解力・センスが重大と言っている方がいます。

ですがそうした見地から、自分には無いからと、国語力を諦めている方がいれば、たいへん勿体ない話しです。

国語で重大なのは、手法論です

手法論というのは何ぞや…と思っている方も、ご安心ください。

こちらの記事を読み進めて、その通りに実行していくだけで大丈夫です。

この手法を知る事で、国語の学力は確実に上げる事が出来ます。

ここで重大な要素が、以下の2つです。

【順番】と【手順】国語の勉学をおこなう際には、この2つをきっちりと考えていく事が重大となっていきます。

取り組めば取り組むほど、成績がUPしますので、私は…と投げ出さずに、願わくは取り組んでみましょう。

●ポイント1:3つの領野。

まずは漢字から取り組む●早速ですが、国語の勉学を大きく分けていきましょう。

したケース3つの領野に区分けする事が出来ます。

1.漢字2.文法3.読解この3つです。

定期テストのケースではですが、まずはこの中から1番手がつき易い、漢字から始めていく事をおススメします

定期テストでは、大体ですが満点中20点前後を獲得する事の出来る領野です。

たかが20点とおもいますか?ですが、この20点を確実に得られるか、そうでないかは、大きく成績UPに影響していきます。

成績順番には、数点の差が大きく変動していくのです

漢字というのは、覚えてしまえば直ぐに点数を挙げていく事の出来る領野です。

定期テストでは、学校から出されている”問題集=学校ワーク”から出題される事が大多々です。

そのまま出されるケースが多々ですので、世の中と同様に、暗記をしてしまえば点数として直結します。

暗記が不得意という方は、別記事の『中学生の学力をUPさせる手法。

世の中から攻めろ!』を参照にしてみてください。

こちらでは、どみたいに暗記をしていけば、効率的に覚えていけるのかを説明していますよ。

漢字をマスターしたら、次への段階へと移りましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました