定期テストで国語の学力をアップしたい!おすすめ勉強法②

●ポイント2:漢字の次は、読解●定期テストのケースには、こちらも気負わずに取り組む事の出来るカテゴリーといえます。

何故ならば、学校ワークがすさまじく有効となるからです。

学校ワークに取り組むという事は、テストの予想問題という事になります

ですので、解答と説明をよく読み込み、自分のなかで自信のない設問を中心にして、復習・研究を行っていきましょう。

こちらを解いていく事で、テスト本番の時にも、驚いたりする事なく、落ち着いた有り様で臨む事が出来ます。

●ポイント3:定期テストの対応策は、遅くても2週間前から取り組む●定期テストの成績が伸び悩んでいる学生の多くは、一夜漬けであったり、パラパラと直前になってノートをめくる…といったケースが沢山です。

テストは国語だけじゃなく他教科もありますので、「時間がない!」と嘆いている方もいるでしょう。

ですので、敢えてポイントとしてあげます

それが、【全科目の定期テストの対応策は、遅くても2週間前から取り組もう】です。

2週間前から取り組む事で、まずは、上がり易い科目から研究していく事が出来ます。

【この時代→理科→数学】という順ですね。

この3つ特にこの時代と理科は、他教科と比べて、適切な研究方式をおこなえば、早速に成績UPが見込める教科です。

これらを2週間前から行っていけば、見通しも見えてきます。

そこまでいけば、国語のワークも取り組めるようになっているのです。

ここで、学校ワークの読解を進めていければ、点数はぐんとUPします。

早めの定期テスト対応策を行っていく事で、プラスの連鎖が生み出され、研究への熱意も向上し、各科目の把握度も上がる事から、研究を行う事が楽しいと感じ取れるようになります。

この良い連鎖が出来る事こそが、学力UPのキーです。

理想の形であると言えますので、余裕をみて開始していくようにしましょう。

●ポイント4:文法は後回しで大丈夫●文法に対しては、漢字と読解まで進めた後で行ないましょう

理由は、獲得出来る点数の配分です

この3つのカテゴリーのなかでは、一番配点が低めのカテゴリーとなってきます。

というのはいっても、学校によっては、文法ばっかりのテスト内容となり、点数の半分である50点分も出題されるというケースがあります

これは実に稀なケースではありますが。

スポンサーリンク

高校受験に役立つ数学力アップの勉強法②

高校受験を抑えている中学3年生がこれらを復習するのであるのなら、各個の単元をバラバラに解いていくのではなく、こうした同じテーマとなっている単元を、一気にひとまとめとして復習していきましょうと言う事が、効率の良い復習方式となるのです。

なぜ、テーマを1括りにして復習した方が良いのか。

それは、各単元の繋がりを見つける事ができ、了解が深まる為です。

了解が深まると言う事は、復習の効率もUPしたケースではいう事になり、時間短縮にもなります。

他にもまとめて復習出来るカテゴリーはあります。

【方程式】と言うテーマを見ていきましょう

・中学1年時:一次方程式・中学2年時:連立方程式・中学3年時:二次方程式やはり、こちらも各個の単元を別々に復習していくのではなく、まとめて復習していく事で、了解度は飛躍的に向上します。

こんな風に、方式論を確実に実行していく事によって、高校受験と言う広エリアな出題エリアとなる考査ではも、確実に高得点を狙っていく事が出来ます。

中学1年生から順番に・・・と順々に解いていくのではなく、同じカテゴリーとなる単元はまとめて復習していく事で、頭のなかでも整とんができ、数学の考え方も定着していきますので、試用下さい。

●まとめ●高校受験では、定期テストでの学力UP方式と言うのは違った復習方式が必要だと言う事が、お解り頂けたかとおもいます。

中学校の数学では、大きく分けると、・計算(方程式)・関数・図形この3つに区分する事が出来ます

計算と関数に関連しては、お伝えしましたね。

図形と言うのは、合同・相似の事です。

そして、この関数と図形と言うのは、計算が出来ていなければ、解く事が難しくなっていきます。

ですので、もし計算力が自分は弱いと思っている方は、まずはこの計算のカテゴリーを徹底的に攻めていきましょう。

計算ミスは取れる点数を取りこぼしてしまう、かなり勿体ない事態です

そうならない為にもちゃんと、公式・定義・定理をちゃんと暗記し、それらを使った解き方の流れを暗記していく事が基礎として必要です。

広エリアとなる学業エリアにはなりますが、この度ご案内した、【関数】【方程式】と言うテーマは、入試ではも、配点ではかなり高いカテゴリーになりますので、了解度を挙げていく事をおススメします。

定期テストで国語の学力をアップしたい!おすすめ勉強法③

特に中学2年時のテストにてこのケースが生じる事があります。

では、そうした文法の出題数が多かったケースには、どうすることによって良いのでしょうか。

ご安心下さい。

そのケースの対応策方式もあります。

以下の2つに取り組んでいきましょう。

・学校ワークの文法が載っているページ・先生が配布した。

問題つきの文法のプリントこの2つを、世間の時と同様の方式で暗記してしまいましょう。

文法は、ワークからそのまま出題される事が沢山です。

ですので、暗記さえしていれば、定期テストの文法に対しては、クリア出来てしまいます。

これで万が一、文法が多く出題されてしまったケースでも大丈夫ですね。

定期テストでは、学校ワークはすさまじく役に立ちます。

配布されても活用していなかった方は、この機会に見直しましょう。

●まとめ●以上が、定期テストの成績UPが見込めるラーニング方式です。

国語と言う科目は、総合科目であると捉える事が出来ます。

数学や英語をおもい出してみて下さい。

文節題が沢山事がお解りかとおもいます。

これらに必要な力は、【読解力・思考力】です。

そして、これ以外の科目に対しても、読解力や思考力と言うのは、その力が自分に身に着けば身につくほど、了解度を向上していく事が出来ます。

こうした見地から考えると、国語は総合科目として、全ての科目に必要な力となっている事がお解りいただけるかとおもいます。

言い換えれば、国語の力(実力)をUPする事が出来れば、他科目の伸びしろも上がるといえると言う事です。

ですので、中学校の勉学を総合的に見直していくのであるのなら、国語の実力UPは、定期テストというのは別にして、真剣に取り組んでいく事がすさまじくキーポイントとなっていきます。

【国語を制することによって、受験も制する事が出来る】そう言っても過言ではないほど、国語と言う科目はたいせつな要素が詰まっています。

あなたが求めているものが、定期テストの成績UPだけでなく、高校受験も見据え、本当の訳で国語の学力を上げたいと考えているのであればば、『国語の実力がUPするラーニング法』の記事をご覧下さい。

受験だけでなく、世間人の方にもこちらの記事はおススメです。

読解力や思考力を高めていく事は対人関係でもお勤めの効率にも必要不可欠な要素。

参照になるかとおもいます

コメント

タイトルとURLをコピーしました