住宅のリフォーム改築

住宅リフォームの真髄と言えるかもしれません。改築は、この改築でしょう。一般的なリフォームの印象に一番近いのが、建築物の床面積を変更しない範囲で、改築と言うのは、建物の構造を変える工事をおこなうリフォーム方式です。
一つの部屋を広くして、例えば、その分他の部屋を狭くしたり無くしたりするのも、改築の部類に入ります。
1部屋を2部屋分の広さにしたいと言う場合におこなうのが改築です。
2階にある部屋を2部屋から1部屋にして、収納を作ったり、この他にも、クローゼットを追加したりする場合も改築によって行なわれます。
あくまでも床面積はそのままなので、改築は、家の構造を変化させると言うニュアンスのリフォームと言う事になります。
他の何処かの空間がリビングに吸収される形になります。
リビングを広くする場合は、部屋割りを替える、又、トイレの位置を変更する等と言う場合も、改築によって工事が行なわれます。
その内容にとっては相当な費用がかかります。
改築の場合、家全体を改造するような大工事になる事も少なくありません。
事実上、単にそこに部屋があると言うだけでなく、家と言うものは、配線や排水等を考えて創られているので、部屋を動かす場合は当然それらもやり直しと言う事になります。
費用も時間もかなりかかるのです。
よって、目的をしっかりと持っている事が必要です。
住宅の改築をおこなう場合は、改築は家を手術するようなものです。
しっかりと目的を持った上で依頼しないと、修理や改装とちがい、後悔する事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました