改築リフォーム業者選別の落とし穴

住宅改築リフォーム業者を騙った悪徳改築リフォーム業者の数が急増しています。
最近、悪徳改築リフォーム業者によるリフォームによって大きな損害を被った人の数もふえています。
それに比例して、リフォームをおこなう上で大きな障害となっているのです。
こういった状況はなかなか改善の兆しが見られず、対策がないわけではありません。
とはいえ、さらには依頼から施工までの間に不審な点がある事を見抜ければ、事前にしっかりと依頼するリフォーム会社について調べ、悪徳改築リフォーム業者の罠に引っかからずに済みます。
その例をいくつか紹介しましょう。
では、リフォーム見積り金額の確認です。
まず、基本的に信用しない方が良いでしょう。
リフォーム見積りが明らかに相場よりも安い改築リフォーム業者は、手抜き工事を行っていたりする場合が多いからです。
明らかに材料の質を落として経費を削減していたり、そういった手口によって被害に遭い、実際、工事から十年以上経過してようやく騙された事に気付いたと言う家庭はたくさんあります。
工事費にかんしては前払いをするのはやめましょう。
又、工事費は後払いで行なわれますが、基本、前払いを要求する改築リフォーム業者も稀にあります。
資金繰りが上手くいっていない可能性が高く、その場合、そういった改築リフォーム業者はあまり安心して委託出来ません。
リフォームの途中で潰れて逃げられようものなら、万が一、大きな損害を被る事になります。
施工例を支度していない会社は、後、基本的には信用出来ません。
打ち合わせの段階でその改築リフォーム業者の施工例を見せて貰い、住宅リフォームでは、実際に依頼するかどうかを判断するものですが、それがない改築リフォーム業者は自分達の実績に自信がないと言う事になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました