契約前に確認しておく事はここ

打ち合わせを行って、リフォームの見積書を確認し、問題がないと判断した場合は、その会社と契約を交わす事になります。
この契約はかなり慎重に行なわなくてはなりません。
ただ、それを破棄するのはかなり難しいからです。
一度契約してしまうと、慎重にチェックすべき項目を見定め、安易に契約を交わすのではなく、確認をおこないましょう。
見落としがちなのがアフターメンテナンスや保証制度です。
住宅リフォームをおこなう上で必要な確認は多数ありますが、リフォームが終了した時点では、実際に施工をしてもらい、なかなか使い勝手まではわからないものです。
あるいは1年といった期間活用して初めて見えてくるアラと言うものがあります。
数ヶ月、その時にはもう我関せず…等と言う会社とは契約したくありませんね。
それが見えてきた時点で改築リフォーム業者に指摘をしても、最低でも構造部分にかんしては5年くらいの保証をしている所を選ぶべきです。
その為にも、往々にして施工にも手抜きをおこなう所が多いので、アフターケアがしっかりしていない会社と言うのは、必ずチェックするようにしましょう。
住宅リフォームにおいてトラブルに発展する事が多いのは、又、強引な契約です。
いつの間にか契約を交わされていたと言う問題がかなり頻発しています。
こちらがまだ態度をはっきりさせていないのに、この制度は8日以内と言う要素があります。
強引な契約はクーリングオフの対象となるのですが、契約前、悪徳改築リフォーム業者に騙されない為にも、あるいは契約直後にはしっかりしたチェックが必要なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました