施工中に注意する事はここ

いざ工事が始まってしまうと、無事契約まで済ませ、後は改築リフォーム業者に全てお任せ、となりがちです。
実際には施工中もすべき事はあります。
ですが、施工が始まる前には、まず、自分で一帯の物品にかんしてしっかりと保護しておきましょう。
改築リフォーム業者が勝手に物を動かす事も多々あります。
工事中は、大事な物を工事をおこなう場所に置いていれば、もし、いざリフォーム完了となった後にそれの置き場所がわからなくなってしまうと言う事もあります。
必要品はあらかじめ別の場所に移行させておきましょう。
施工中には家の前にたくさんの車が駐車する事になります。
又、それが原因でご近所トラブルになる場合も少なくありません。
一軒家で土地も広ければ問題ないのですが、住宅リフォームの場合、そうでない場合は大掛かりな工事の際に多数の車両が密集する事になります。
あらかじめ近所の人たちに住宅リフォームをおこなう旨を伝えておきましょう。
そういった場合は、事前に挨拶があるのとないのとでは大きなちがいがあります。
率先して会社の人がやってくれますが、優良なリフォーム会社の場合は、出来れば自らも行動するのが好ましいでしょう。
あまり現場をウロウロすると邪魔になってしまいますが、施工中は、ある程度進捗状況やリフォームの様子を自分の目で確認する必要があります。
意図が伝わっておらず自分の思っていた形にならないと言う場合はあります。
いくら打ち合わせを綿密にしても、それを未然に防ぐ為にも、眼を光らせておく必要があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました