契約書の確認は大事ですよ

あとはいよろしいよ契約を残すのみとなった場合でも、リフォーム見積りの確認が終わり、注意すべき点はいくつもあります。
工事内容にかんする契約書の作成です。
まず何より大事なのは、修理等の小さな住宅リフォームですね。
特に大事なのは、よく地元の工務店等に依頼する場合が多く、こういったリフォームをおこなう際、顔見知りの場合は口約束で契約しがちです。
そういった場合がよくトラブルに発展してしまいます。
ですが、危険なものはありません。
口約束による契約ほど、万が一施工がいい加減だったり、もし、自分の意図しているものとは全く違う仕上がりになったりしてしまった場合、契約書さえあればやり直しや賠償金の請求をおこなう事が出来ます。
契約内容にそれらの物事が盛り込まれている事が要素ですが、もちろん、少なくとも全く何もなしと言う事にはならないはずです。
口約束の場合は、ですが、法的な保障が何もない為、仮に満足のいかないリフォームであっても、それで納得せざるを得なくなってしまいます。
あるいは一生そのものの生活基盤です。
住宅は一生の大半、契約書を交わさなかったと言う理由だけで台無しになってしまうのは、その一部が、あまりにもったいないですね。
契約書を作成する際にも、又、チェックは必要です。
堅い文章が長く並んでいる事から、契約内容にかんして、あまり読みたがらない人も多いようです。
実際にはしっかりと読んでおかなければ、ですが、後々後悔する事になるかもしれません。特に契約約款は大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました