契約約款のチェック点はいっぱいある

契約書のなかでも特に注意してチェックをおこなう必要がある項目です。
契約約款は、最も大事な部分となります。
住宅リフォームの契約においては、そのチェック部分について見ていきましょう。では、工事の変更にかんしてです。まず、リフォームでは度々発生します。工事の変更は、これによって工期が延びた場合の協議にかんしては、ですが、大抵依頼人と会社が話し合いをおこなう事になります。
そういった内容をしっかり記載しているかどうかを確認しましょう。
日程もようですが代金の変更と言う事もあり得ます。
上記のような工期延長の場合、初期のリフォーム見積りから追加されるようなら、もし、場合によっては支度出来ない可能性もあります。
代金についてはどういった場合に変更可能かと言う点をあらかじめ決めなくてはなりません。
そういった事態にならないよう、代金の変更がどんな場合のみ許されるか等の記載がされているので、契約約款では、確認しておきましょう。
明らかに改築リフォーム業者側の原因の場合は遅延損害金をもらう事が出来ます。
工事が遅延した場合、これも契約約款に従っておこなう必要があるので、ただし、あらかじめチェックしておかなくてはなりません。
瑕疵担保責任とトラブル解決方式です。
そして最も大事なのは、施工終了後に欠陥が見つかった際、前者は、どのような保証をおこなうかと言う内容になります。
どのような期間に仲裁を行ってもらうかと言うものです。
後者はトラブルが発生した場合、記載があるか、いずれも住宅リフォームにおいて大変に大事な事なので、どのような内容かをチェックしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました