耐震補強リフォーム

現在は法の整備がしっかりしてきているので、一時期は一般社会一般問題にまでなった住宅の耐震強度ですが、ここ数年の新築物件にかんしては問題はないとおもわれます。
問題が表面化する以前に建てられた物件にかんしては、ただ、疑問視されて然るべき状況と言えるでしょう。
家の耐震強度を調査して貰い、その為、問題があるようなら耐震補強を…と言う依頼がふえているようです。
住宅リフォームの一環となります。
この耐震補強も、耐震補強は何種類もあり、ただ、まずは現在の住宅の耐震強度を調査してもらい、問題のある箇所を特定するところから始める必要があります。
主に「地盤補強」、補強工事の種類は、「基礎補強」、「柱脚補強」、「壁補強」、「接合部強化」、「屋根の軽量化」の6つに分かれます。
どれか一つだけおこなうとは限らず、もちろん、問題が発生した点を全てリフォームしなければ、地震の際に不安を残す事になります。
住宅の建っている土地を固めると言うものですが、地盤補強は、費用面を考えると現実的とは言い難いのが現状です。
やはり費用面で相当かかってしまうので、住宅を建てる前におこなう事は可能ですが、出来るだけ軟弱な土地に家を構えないようにしましょう。
基礎に問題がある場合にその打ち増しやコンクリートを有筋化する等の方式を用います。
基礎補強は、弱い地震でも倒れかねないので、基礎にヒビが入っている等していると、必ず行っておきましょう。
経過年数と共に傷むのが大抵ですが、柱や壁も、過去に大きめの地震があった場合は更に傷んでいる可能性があります。
こちらも優先的におこないましょう。
柱や壁が壊れると致命的なので、地震の際に特に負荷がかかりやすく、接合部は、壊れやすい箇所です。ここが壊れると家が傾く可能性が高いので、補強しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました