防犯対策のリフォーム

個人の住宅を狙った空き巣事件は減少傾向にあるようです。
最近、ピッキング技能が向上している中、これは、それ以上に防犯対策が普及しているからと言われています。
空き巣をしようとする人の数はむしろふえていてもおかしくない中で被害件数が減少しているのは、景気後退と言う事で、防犯の意識が高まっているからに他なりません。
防犯対策のリフォームの依頼件数増加にも登場ています。
こういった流れは、ピッキングにかんしては常に技能が進化している事もあって、特に、その対策も定期的におこなう必要があり、依頼件数がふえているようですね。
そのピッキング対策と、防犯リフォームは、ガラス対策が主に行なわれています。
家の鍵全部を入れ替える必要がありますが、ピッキング対策の場合、費用面ではそこまで大きな金額にはならないので、防犯としては有効です。
一戸建ての場合は玄関だけ鍵を変えてもあまり意味がないと言う点です。
住宅の防犯リフォームで注意すべき点は、一戸建てだと当然玄関以外からの侵入が考えられます。
マンションならそれで問題ありませんが、全ての鍵を変える必要があります。
よって、一軒家ならではの防犯と言えるガラス対策も同様です。
又、一箇所でも大抵のガラスがあれば、強化ガラスにして割られないようにしても、そこを割って進入される可能性があります。
徹底する事が大事です。こういった防犯対策は、手を抜いて後悔する事がないよう、隅々までリフォームをおこなうようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました