分散リフォームと一点集中リフォーム

そのなかでリフォームのおおよその方向性を立てておけば、実際にリフォームをおこなう上で必要となってくる初期計画の立案ですが、後の話し合いの時に大変にスムーズに事が運びます。
最も大まかに分ける場合は、住宅リフォームにおける方向性はいくつかの視点によって決まってきますが、分散させるか一転集中するかと言う事です。
すなわち分散リフォームの場合は、分散型、住宅の到る所をリフォームすると言うものです。
主に改修工事目的の場合に活用される方式ですね。
改善工事の場合は、又、一箇所に費用を集中させず、分散させて住宅全体のクオリティアップを図る事になります。
一点集中型のリフォームは、一方、一つの施設、あるいは一つの部門について費用をかけてリフォームをおこなうと言うものです。
リビングだけをリフォームすると言う場合に、例えば、広さ、高さ、柱の位置等、とことんこだわってリフォームしてもらう等と言う場合に活用する方式です。
どちらが良いと言うものはありません。
分散型と一点集中型とで、デ利点があります。
個々に利点、その予算内でどんな工事が可能かと言う事をある程度調べた上で、予算を決めた後、どういったリフォームを望むか、どんな住宅にしたいかと言う目的をしっかり持てば、自然とどちらの方式が良いか決定してくるとおもいます。
住宅全体の悪い部分を直すと言う意味では有効ですが、分散型の場合は、一箇所にお金をかけられないので、改修工事だけで終わってしまうと言う可能性もあります。
一点集中型は自分のこだわりを反映させられる一方、一方、そもそも修理すべき部分がおざなりになる可能性があります。
共通しているのは、ただ、二度手間を創らない事です。一度の工事で自分が直したい部分をしっかり直してもらわないと、あらためてもう一度工事と言う場合は余計な費用がかかってしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました