部分リフォームはどの場所が人気

そのなかで特にリフォームをしたいとされる場所は何処なのでしょう。住宅には多様な要リフォーム部分がありますが、上位にくる場所をピックアップしてみます。インターネット上の意見を参考に、リフォームしたいと言う意見が多いのは、まず、「浴室」、「キッチン」、「洗面所」、「トイレ」の4つが特に多いようです。
現在システム化が進んでいる事もあり、いずれも生活する上で欠かす事の出来ない設備であり、お手軽な価格でより便利にリフォーム出来るようになったのが主な要因と言えます。
間取りを変更したい、一方、断熱や遮音をおこないたい、オール電化にしたい等と言う意見も上位に入ってきています。
徐々に問題意識が希薄化してきているようです。
以前はかなりふえていた耐震強化はこれらの下になっており、リビングのリフォームです。
意外とそれほど高くないのが、今の時代、リビングは共用空間ですが、長時間リビングにいる家庭が減っていると言うのがその原因かもしれません。
リフォームをする動機としては、又、「内装を綺麗にしたい」と言う理由が特に多いようです。
「修理が必要だから」と言う理由がきます。
次に、「子供の勉強部屋が必要」、この他、「古くなった設備を新調したい」、「高齢者、高齢化の為に」、「身内の人数の増減」といった理由が並ん出来ます。
高齢化一般社会一般の影響で、最近は、老年者が住みやすい住宅にしたい、介護しやすい住宅がいい、と言う理由が多いようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました