催涙スプレーについて豆知識

防犯対策グッズのひとつである催涙スプレーに使用されているガスは現在のところ3種類ほどあるそうです。
クロロベンジリデンマロノニトリル(CSガス)と呼ばれるガスで、一つは、二つ目は、クロロアセトフェノン(CNガス)と呼ばれるガス、三つ目は、オレオレジン・カプシカム(OCガス)と呼ばれるガスです。
麻薬中毒患者やアルコールを大量に飲んだ泥酔者等には、前回の終わりに軽く触れたことですが、何故か効き目が薄いガスと言うのがあります。
CSガスとCNガスです。
それが、それでも決してゼロではありません。
麻薬中毒患者がそこらへんをうろついている確率と言うのはかなり少ないですが、大抵の主婦でさえやっているかたが加増ていると言うことですので、最近は覚せい剤等も低年齢化してきたり、決して安心は出来ません。
泥酔者のほうはどうでしょう。
充分に逃げることは可能とおもいますが、あらかたの泥酔者は足元がふらついているでしょうから、やはり中にはいくら飲んでもふらつかないと言うかたもいるかもしれません。
このような悪者たちにも効用を表してくれるのがOCガスを使用している催涙スプレーです。
と言うわけで、とうがらしの成分でもあるカプサイシンを原料としています。
これはいわゆる、目や鼻や口に入ることになりますから、あのとうがらしの辛さが、その痛さは想像がつくかとおもいます。
もちろん皮膚についてもヒリヒリと痛みます。
防犯対策グッズとしてもっとも優秀な催涙スプレーはOCガスを使用したものと言うことになるでしょうか。
と言うことは、1秒程度の噴射であっても相手にダメージを与えられるとおもいます。
至近距離から相手の顔を狙った場合には、やや離れている場合には多少長く噴射しなくてはなりませんから、その際はくれぐれも自分自分にかからないよう注意をして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました