窓の為の防犯対策グッズ(2)

窓の為の防犯対策グッズのご紹介を続けたいとおもいます。
窓を壊してそこから手を入れ、近年の傾向といたしまして、鍵を開ける・・・と言うような巧妙な手口が増加しているそうです。
大きな音がして直ぐに気付かれてしまうのではないだろうかとおもうかもしれませんが、ガラスを壊すと聴きますと、実は侵入してくる泥棒の方にもちゃんとした手法があるのだそうです。
ガラスをスパッと切ってしまえるようなガラス切りと言うものも売っていますし、ホームセンター等へ行きますと、壊したときの破片の散らばりを抑えるような手法も侵入してくる泥棒はちゃんと持っているらしいのです。
これは困ったものですね。
ガラスを壊されてしまうと侵入が容易になりますから、そのようなお宅ばかりではないでしょう。
最初からガラス内部に針金が埋め込まれたものを窓に使用していれば問題ないのですが、窓ガラス用の防犯対策シートです。
一般的な透明窓ガラスを使用しているお宅に最適な防犯対策グッズは、窓ガラスに貼り付ける丈夫で透明なシールのようなものだと思って下さい。
これは、それを貼り付けることによって窓ガラスを壊しにくくなるわけです。
スムーズにいかない時には、侵入してくる泥棒は何処かの家に侵入する際、潔くそこを諦める傾向にあります。
危険を冒してまで一カ所に長居することを好まないのです。
窓ガラスに防犯対策用シートを貼ることひとつ相当に、ですから、侵入してくる泥棒の急ぐ感じを挫くことになります。
一度に全ては無理と言う場合には、これもやはり全ての窓に貼るのが望ましいですが、1階の窓や普段無人の部屋の窓等に貼り付けておくと良いとおもいます。お風呂場やお手洗いに小窓がある家は、そちらにも貼りつけておいた方が安心だとおもいますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました