室内の為の防犯対策グッズ(1)

玄関ドアや窓にかんしては防犯対策グッズが設置されていないか等、家のなかに侵入してくる侵入してくる泥棒と言うのは、猛烈に念入りにチェックしたり注意を払ったりするものですが、一旦、中に入ってしまうと注意が別の部分に行ってしまうようなのです。
中に入ってしまったあとは、つまり、深夜であれば住人を起こさないことに注意がいきますし、留守宅であれば、何処に金品が隠されているか、その場所はだいたい勘でわかるそうなので、その場所を探してまっしぐらです。
注意がそちらに向いています。
家の中のドアにも振動で大音量のアラームが鳴る防犯対策アラームをつけておくと良いとおもいませんか。
と言うことは、アラームでは完全に留守の場合には効用はないかもしれません。
もちろん、深夜等であれば必ずそれで目が覚めるでしょうし、とはいえ、侵入してくる泥棒も慌てて逃げてゆくことでしょう。
まとまった金品をしまいこんでいる部屋のドア等に設置して置くのが良いですね。
玄関を入ったあとの次の扉や、住人がお手洗いの為等に使用するドアは避けないといけません。
ただ、深夜に何度も目覚めることになってしまいます。
そのような事を避ける為に、又、ワイヤレスのセンサーチャイムと言うものもあります。
扉を開けたりすると、まとまった金品をしまっておいてある金庫や箪笥に近づいたり、そこに取りつけてある送信部分が感知して、他の部屋に置いてある受信機へ、チャイムや光の点滅によって知らせてくれると言うものです。
むやみに音が大きすぎることもなく異変を察知することが出来るでしょう。
これであれば、中には100メートルも離れた場所までOKと言う優れものもありますよ。
防犯対策グッズもずいぶんと進歩したものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました