家に常備しておきたい防犯対策グッズ

ご紹介し終えたところで、家や家近所の防犯対策グッズについて一通り、今回は家に常備しておきたい防犯対策グッズと言うことで話を勧めてみたいとおもいます。
設置すると言う意味では常備と言うことになるのでしょうが、前よりご紹介してきたものも、今回の場合は、実際に誰かが家に押し入ってきたときの為のものです。
侵入してくる泥棒や悪者が押し入ってくる場合があります。
多様な防犯対策を施していても、日々研究しているわけです。
侵入してくる泥棒の方も進歩する防犯対策グッズをなんとかやりすごそうと、人によっては最初から金品目当てではなく、又、住人目当てで無理にでも押し入ってくる場合だってあるでしょう。
宅急便を装うことだって今では日常茶飯事です。
悪者が実は顔見知りであったり、強盗に豹変する等と言うことは、当たり前のように家に招き入れたら、ドラマの世界だけではありません。
銃の携帯が許されていない日本では、そのような場合、どのようにして身を守ったら良いのでしょう。
やはり一家にひとつ・・・出来ることなら身内全員の部屋にひとつずつあった方が安心なのではないでしょうか。
身を守るための防犯対策グッズとして以前にも挙げましたスタンガンや催涙スプレーは、いつでも、その際には、直ぐに手に取れる場所に置いておかなくてはなりません。
防犯対策グッズを戸棚の中や引き出しにしまいこんでいては意味がないのです。
事件はいつも突然起こります。
とっさに手に取れる場所であることが望ましいのです。
そんなに防犯対策グッズばかり買っていられない・・・と言うかたは、何かが起こるかどうかも分からないのに、持ち歩き用のグッズと、家用のグッズを同じものにしても良いとおもいます。
自分の身に起こるかどうかわからないことではありますが、悪い事件と言うのは、起こってからでは遅い・・・とうことを肝に銘じておいていただきたいとおもいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました