サムターン回しとは

参考になりましたか。玄関の為の防犯対策グッズをご紹介いたしましたが、玄関の注意事象として、今回は、サムターン回しについてお話しようとおもいます。
サムターン回し・・・一度くらいは聞いたことがあるかとおもいます。
サムターン回しと言う巧妙な手口が急増して一時的にニュースや新聞記事によく取り上げられた言葉です。
以前、一般的には玄関のドアノブの上か下についている鍵のことを言います。
サムターンと言うのは、お解かりでしょうか。
あの鍵の事です。
内側から家の戸締りする時に回す、開いているときには縦になっているつまみを、一般、横に回すと鍵が閉まるようになっています。
特殊な工具を差し込み、外側からドアに小さな穴を開けて、横になったサムターンを縦にして開けてしまう巧妙な手口が増加したことがあります。
現在でもこの巧妙な手口を使う侵入してくる泥棒はけっこういるとおもいます。
もちろん、最近は、ピッキングに時間を取られるよりも早いですし、ピッキングが出来ないほど複雑になった鍵に付け換えるかたが加増たからです。
鍵は容易に開いてしまいますから、鍵そのものを複雑なものに変えてもサムターン回しをされると、注意が必要です。
今のところサムターンを覆うカバーでしょうか。
サムターン回しに有効な防犯対策グッズと言うのは、サムターン自体を進化させてサムターン回しされないような構造になっているものもあります。
又、侵入してくる泥棒は家のなかに入る為に少しでも時間を短縮させたい心理が働きますから、鍵をもうひとつ増やすだけでも効用はあるとおもいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました