人間とペットが楽しく暮らすために

ペットは人間社会とともに発展してきています。ペットブームでもありストレスを抱えて生活している人間の癒しに重要な存在です。
そんな重要な存在のペットたちについて考えていきたいとおもいます。

犬は賢い動物です。ですが、人間と一緒に暮らすためには、ペットとして育てる為にはきちんとしつけをする必要があります。
ペットがかわいいとつい甘やかしてしまいがちですが、そのしつけについて考えてみましょう。

可愛がっているだけで躾をしないと言うことは、それは結果的にペットにとっていいことではありません。
しつけは人間の育ちかたとと同じことなのですが、適度に厳しくしておく必要があります。

犬等のしつけ方については様々なマニュアル本が出ています。それらを参考にするとよろしいでしょう。
又、動物の種類によってその習性がギャップますから、同じようなしつけは意味がありません。

犬と猫に同じしつけは出来ないと言うことです。動物ごとん特性があります。多くの人がペットを自分の子どもかファミリーと考えがちですが、それは、人間のおもい込みにすぎません。

現実としては餌を与える人間と餌を与えられるペットと言う上下的な関係なのです。

動物によっては人間の気分を敏感に感じ取ることが出来るものもいます。

ですが、それは限られています。近年のようにペットにする動物の種類が増大てきますと、しつけをどのようにすればいいのか分からない人も多くなってきています。

しつけどころか、どの様に育てたらいいのかも知らないと言う事例もあるのです。夜行性なのかどうか、どのような食べ物を与えればいいのか、と言ったことはペットを飼う時に基本的な知識として持っておかなければ、人間と仲良く暮らしてはいけないのです。

犬や猫等は昔から比較的馴染みのある動物ですから、しつけ方が一般的な知識として知られています。

それ以外の動物を飼うのであれば、その知識を持っているペットショップの店員等に確認しておくことが重要です。

ペットの医療保険が案外便利というお話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました