ペットの習性とおやつの関係

最近ではペットの食べる為のおやつと言うものがあるのです。オヤツは人間が食べるものだとばかり思っていましたが、ここでは、ペットの食べるおやつについて考えてみましょう。
人間と同じでペットも食事は、出来るだけ同じ時間にした方がよろしいでしょう。人間と一緒に暮らすペットには毎日決まった時間に餌を与えるようにすることが基本です。

規則きちんと生活をすることが健康の為なのです。それは人間も同じですが、時にはおいしいものが食べたく成るのです。
そうはいっても、お腹の空いたときには、そこでおやつと言うことに成ります。動物としてのペットとして犬のことを考えましょう。
犬は、何でも、甘くても辛くても食べるのです。犬は雑食ですから何でも食べます。どのようなものを与えるかは飼い主がしっかり考えておかなければ成りません。

出されたものは余程変なものではない限り、目の前のものを食べますから、そんなわけで、最近は犬にも虫歯や糖尿病が増大てきていると言われています。

最近は、人間も不健康ですから、自分のペットの健康まで考えられるわけはないのかもしれません。飼い主の方が自分の健康さえ守れないのですから。

規則正しい餌以外に、オヤツをめったに与える必要はありません。おやつは間食ですから健康に良くないわけです。

間食としてのオヤツ、それを習慣づけてはいけないのです。人間のように甘いものを食べさせることはお勧め出来ません。

人間にとっておいしいものがペットに相当においしいとは限らないからです。犬はペットとして長い歴史を持っています。
人間の一番近くにいる動物と言ってもいいでしょう。人間の悪い習慣の影響も受けてしまうことに成ります。

ですから、多くの人は犬の健康状況について深く考えていないのです。時にはペットがどのように食事をしているのかをじっくりと観察してみて下さい。

ペットの医療保険が案外便利というお話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました