人間の食事とペットの食事

ペットの食べ物を考えてみましょう。特に、食べさせてはいけないものについて考えます。
ペットの食べ物として人間と全く同じものではありません。動物と人間は体の創りにそれなりのギャップますからです。
目の前に食べ物を出されれば、ペットは、たいていのものは食べてしまいます。特に犬は雑食動物ですから何でも食べます。
ペットは、ペットである前に動物なので、やはり、その動物の習性や特徴から、食べてはいけないものがあるのです。ペットに与えてはいけない食べ物について考えてみましょう。
ペットを飼っている多くの人が知識として知っておかなければならない事項があります。それを知らなければ、病院に連れていかなければならなく成るのです。食べ物によっては、ペットの犬が中毒等を起こしてしまい危険な物もあります。
犬や猫にとって危険なものの代表はニンニクや玉ねぎです。これらは、何処の家庭にもあるでしょう。人間にとっては普通にいつで食べている、健康な食品ですから注意することはないでしょう。
それが、与え方によっては、犬や猫にとっては中毒症状になることもあります。貧血や血尿を起こしてしまいます。個体差はありますが、それらの成分には、ネギに含まれる物質が溶血反応を起こすのということが言われえいます。
加熱したものもでも食べられないと言うこともあり、注意が必要です。生の玉ねぎだけでは無いんですね。
人間にとって適量であっても体が小さい動物にとっては摂取量が多すぎる傾向もあります。塩分や香辛料等は殆ど必要ないと考えておきましょう。
意外なのですが、生の肉もあまりよくありません。それは、、平常販売されている肉は加熱を前提としています。本来なら、生の肉は、肉食も出来る犬や猫にとってはごちそうなのですが、寄生虫等が含まれていることがあるからです。
生の魚も同じことなのですね。人間と同じように、ペットには新鮮なものしか与えられないと言うことでしょう。
ペット用に開発された、いつも決まったペットフードを与える方が安心出来ます。いろいろな食べ物を与えるよりも、この方が、安心です。人と同じ物を食べさせる時には十分しておいて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました