現代人とペットの役割

ストレスいっぱいの現代人はにとってペットはなくてはならないものになってきています。
どこかで見たあるアンケートによりますと約8割の人が犬や猫などの何らかのペットを飼っていると言う結果が出ています。
ペットは人間の家族としてファミリーと同様の存在となっているのです。大人に成ると犬や猫をペットとして一緒に暮らす家族のように、かわいがる傾向にあります。子どもの時にはカブトムシや亀等が多いのですが、より人間に近い生き物に癒しを求めるようです。
人間が求めるものは、癒しと安らぎをペットに求めているのだと言う人もいます。本当は、人間がペットに求めているものは何なのでしょうか。
仕事疲れで帰ってきた時に自分を素直に迎えてくれるペットがいることは大変に重要なことでしょう。
ペットがいた方が気分が安らぐのです。特に一人暮らしの人にとっては家のなかに一人でいるよりも、自分の気分を聞いてくれる相手がいるような気がするのでしょう。
話し相手に成るわけではありませんが、ファミリーがいても自分の居場所がないと考えている人にとってはペットが相手をしてくれるのかもしれません。
自分のことを一番わかってくれるのはペットと言うことでしょうか。これは、ちょっとさみしいですね。
かわいいペットの元気でひとなつっこい動作が現代人に活力を与えてくれることは間違いありません。
ペットとの生活は、家のなかではくつろぐことが重要なのです。ペットを飼っているといいことばかりかりではありません。糞や尿の後始末は飼い主の務めです。
これができなければ、飼う資格はないと考えましょう。きちんと終結が出来ないために、一部の人が他人に迷惑をかけていると言うことも事実です。ペットと暮らす多くの人はやっているのですが、時々、近所迷惑をしている飼い主もいるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました