ペットとの散歩で見えること

ペットとして暮らしている犬は、人間同様、適度な運動が必要な動物です。
人間と暮らしているペットである犬は、人間が散歩に連れて行ってやる必要があるのです。
ペットとしては、日常は鎖につながれていますから、ペットの世話は飼い主の務めです。
自分のペットがストレスや心理的負荷で病気になったりしないようにしなければ成りません。
人間と一緒に散歩をする時はどのくらいの距離を行くといいでしょうか。それは飼い主である自分の運動にも成ります。ですから、散歩を日課にしている人も多いのです。
毎日定期的に散歩することがいいのですが、仕事疲れの時にわざわざ散歩に連れて行くのはたいへんなことです。そこで、犬の散歩代行と言うビジネスも広くおこなわれています。
そのようなことがビジネスに成ると言うことはペットの散歩に需要があると言うことです。
散歩については、多くの犬にしてみるとちょっと物足りなさを感じるかもしれません。それは、多くの人は自分の家の近辺を少しまわるだけで済ましている人がおおいからです。
犬の散歩をさせる時にはしつけのことを考えておかなければ成りません。犬よりも人間の方が偉いのだと言うことを態度で示さなければならないのです。
散歩の時には、犬に引っ張られないようにしましょう。鎖をしっかり持って、犬の前をゆっくりと自分のペースで歩けばいいのです。
決してペットである犬のペースに合わせてはいけません。それは、犬は主従関係を重んじるいきものです。そうすることによって、散歩の時には、飼う主も動きにあわせて、止まったい動いたしします。
広いところに出て、少し遊んでやると犬も喜びますね。公園等に行ったら、遊んであげるといいと思います。
このような散歩が出来るのは犬ぐらいです。ですが、猫は決してそのようなことはしないからです。
これらは、動物の習性によるものなのです。これはどちらがいいと言ったことではなく、その習性を理解して仲良く暮らすことが大切なのです。その上で、犬と猫のどちらが好きかと言う話に成るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました