ペットの名前で姓名判断の活用法

ペットの名前と姓名判断についてです。ファミリー同様の生活をしているペットには当然ながら名前を付けますね。
このペットの名前についても、人間のよういに姓名判断をしているwebがあります。犬や猫の名前はポチやタマなどの名前を昔からよくある名前を付けている人も多いでしょう。最近では、カタカナ名を付ける人も多いかと思います。
感覚で名前をつけますから、あまり深く考えていないと言うことでしょう。ですから、姓名判断等を参考にするのはどうかとおもいます。
名前にこだわりを持つことは悪くはありませんが、ペットの名前は、飼い主が好きに付けることのできすものですので、気が変わるとなまえもかえることができます。
人間は、役所にとどけたりして、大変に重要です。人の名前であれば一生をその名前で過ごすのですから見過ごせません。
ですが、ペットの場合は、その名前をペット自分が認識しているわけではないのです。人間のように、扱うことは間違っているとおもいませんか。
家族同様に思っていることはいいことなので、楽しみで姓名判断をみてみるのもいいのです。しかし、姓名判断で何を判断しようと言うのでしょうか。
新聞や雑誌等にある今日の運勢程度の信ぴょう性しかありません。所詮は気休めなのです。ですから、そのことで、あまり一喜一憂することは、いけませんね。
ペットの姓名判断では、いい名前と悪い名前があるのだそうです。どういったふうに判断するというと、飼い主の名前とペットの名前の組み合わせによって、ある程度のデータを組み合わせて、姓名判断の結果を導き出しているよういです。
好きな人は、そのようなwebをよく見ているかもしれません。 女性ならば運勢好きですから特にそうかもしれませんね。
最近の人は何を判断するにしても、こういった運勢とか占いなんかを信用してしまう傾向があすので、流行るのでしょうか。
楽しみとして、あるいは、自分の気に入ったペットの名前を付けたいという理由付けとして、姓名判断でいい名前だったからとつけてみるのも、方法とはいえます。
人間と一緒に暮らすペットは、伴に過ごす時間はどのくらいでしょうか。犬は人間の10倍の速さで歳を取っていきます。
飼い主よりも前に死んでしまうことがほとんどです。気に入った名前をつけて親しみをこめて一緒に暮らすというのがペットにも人間にも幸せなことのように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました