保健所の役割と知られざる制度

保健所はペットの保護や市中にほちされた動物などの処理をしています。

保健所はペット等の動物にかんするさまざまな業務を担っているんです。飼い主が放置したペット等が保健所で飼育されていることもあります。
飼い主が見つからずに保護されていても、最終的には殺されてしまうのです。飼育期間はあまり長くありませんからしかたの無いことです。
もちろん、保健所としても好んで殺しているわけではありません。いろいろな努力をしています。里親探しや譲渡会等を開いているやうです。その為に 、保健所で無償で譲り受けると言う方式もあります。

ペットを欲しい時には、ペットショップから有料で購入することもいいのですが、保健所のこういった制度を利用するのもひとつの提案です。
それらの動物は、保健所できちんと世話をされていますから もちろん、ペットとして飼うことに問題はありません。ないかある場合は、もとの飼い主側に問題があったと考えるべきでしょう。
保健所にいるペットはペット側に問題があったのではなく、放置されたりしたペットの過去が問題です。このう様な制度、保健所でペットをもらえると言うことはあまり知られていないやうです。
保健所がペットを殺していると言う話はよくきくのですけど、このような制度はどんどん利用したほうがいいと思います。保健所の職員の人もかわいそうだと思っているはずです。
ペットブームと言いながら捨てられるペットも多いのが現状なのです。安易にペットをかっていて、子どもを産ませてしまい、沢山になった動物の世話ができなくなってしまう人も多いと言われています。

これは、人間のエゴによるものなのです。捨て犬や野良ネコは元をただせば、人間の責任です。ペットの放置は一種の虐待行為と言えます。動物愛護法ではそのような行為は処罰の対象と成ります。

以後飼おうとしている人はペットのことをよく把捉してあげて下さい。ペットを飼っている人は、人間の都合で捨てたりすることのないようにしなければ成りませんね。 一家のひとりとした、ファミリーとして伴に暮らしてほしいものです。しかし、ほとんどの人は、ちゃんとしていますので、そのような人たちが多いことが救いですね。

ペットの医療保険が案外便利というお話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました