ペットとの暮らしと意義

人はひとりでは生きていけません。人は誰でも家族がいたほうが自分の存在意義を確かめられるのではないでしょうか。
しかし、核家族かして、現代社会の仕組みのなかで、家族と暮らす事ができずにいる人も多いのが現実です。そのような状況で、人はペットを飼うことが多いのです。

そのような人はペットをファミリーとしてみています。その家族であるペットが死んだ時には供養等をするのです。本当は、人間のように、ペットが死んだからと言ってわざわざ供養をする必要はありません。

もともとであればペットは家畜と同じものですから 、そうなのですが、ペットして飼われていた動物は、違った存在になっています。家族であると言うおもいが強ければいつ迄も伴にいたいと考えるのです。

最近はペットが人間の精神衛生上で有効な効用があると考えられるようになってきました。痴呆の予防にも成ると言う研究もあるくらいです。

特に一人暮らしの老人等の場合は寂しさを紛らわせると言う意味もありますが、ペットは生き物ですから、飼い主の都合のいいようにはならない時もあります。

また予想に反した行動を取ることもあるのです。 そのようなすべてがペットとしての存在意義と言えるのではないでしょうか。
また、子供の場合は、飼いだしても、全く世話をしないと言う話はよくきくことです。子どもの時にはペットを親にねだって飼ってもらったのに実際に飼いだすと大変な世話が待っているからです。

子どもがペットに求めているものと大人がペットに求めているものは根本的にギャップがあります。

人間と一緒に暮らすペットにとって幸せなのは、ファミリーとして扱われる時ではないでしょうか。それは当たり前のことなのですが
、一緒に暮らすということの中で、それがわかったくるのです。

子どもでも大人でもペットのなかに人格を見ているのであれば、飼い主とも、そのペットを飼ってよかったとおもえるのです。創意行った状況が、飼い主の人間とペットの双方にとって一番いい状況なのです。その為にはペットを購入する時にじっくりと考えておくことが重要です。

ペットの医療保険が案外便利というお話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました