ペットの消臭は習性を理解して

ペットを飼うと、動物特有の匂いというものがあり、その処理にこまることがあります。

これは、大変に気に成ることです。臭いと言うものは目には見えませんが、ペットを飼っていると余計に気に成るのではありませんか。

ペットの消臭について考えてみましょう。それは、外で飼っているのかによって変わってきますが、家のなかで飼っているのであれば、よくわかりますが、一般的には家のなかで飼っている時の方が臭いは気に成るでしょう。

人間であっても何日も風呂に入らなかったりすると体が汚くなり体臭が気に成ります。人間でも、それぞれの特有の嫌な臭いがします。動物の場合は、なおさらで、動物特有の体臭があるのです。

実際にペットと一緒に暮らしていると、多少慣れてしまって、分らなくなることもありますが、ペットを飼っていない人にとっては悪臭であることが多いのです。

ペットの匂いが臭いであればいいのですが、体外は、悪臭です。そのような時には消臭剤を使用することに成ります。消臭剤にはいろいろとあります。

匂いが消えるのであれば、平常の部屋で使用する消臭剤でもいいでしょう。ペット専用だけではなくても、匂いの基をたつ原理はおなじなので、部屋用の消臭剤で、効果があれば十分です。

特別注意することは、ペットの場合はトイレの後始末等がありますから、この部分は、ペット専用の消臭剤を使用した方がいいかもしれません。

犬や猫等は自分の臭いを付けておくことで、テリトリーとして縄張りをマーキングをする習性を持っています。その為に、人間にとっては不快な臭いでも動物にとっては必要な臭いと言う事例もあるのです。

動物は人間以上に臭いに敏感ですから、消臭をする時にも注意が必要でしょう。まずは自分が飼っている動物の習性を知っておきましょう。
小屋や巣をこまめに掃除してやったりすることが必要です。

その上で臭いが気に成るのであれば体を洗ってやったりすることで匂いを抑えることができますが、動物の習性は仕方のないものですので、ある程度の妥協は必要と言うことです。

動物と人間が共同生活をするのですから、そこを理解したうえで、ペットとの生活を選ばなければなりません。
本当の所は、実は人間の匂いも動物にとっては悪臭なのかもしれませんね。

 

ペットの医療保険が案外便利というお話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました