エルイーディーと蛍光灯、省エネ対策でエルイーディーの登場

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は照明器具のなかでは一番電気を消費しません。
省エネ対策として大きな効用が期待出来るのだ。
ですから、日常生活のなかでどうしても必要なものだ。
照明と言うものは、公共施設や街角の街頭等いたるところに照明がある。
家庭内だけではなく、平常の照明としては殆どが蛍光灯を使用している。
長持ちするからだ。
白放射される熱電球よりも蛍光灯の方が省エネ効用は高いですし、地球温暖化対策としてさらにエネルギーの使用量を削減していく必要がある。
ですが、その為に蛍光灯よりもさらに省エネ効用が期待出来るLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明に注目が集まっているのだ。
蛍光灯と同じ形をしたLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明はすでに市販されている。
技能的な問題がある。
ですが、光はどの方向にも広がっていきます。
蛍光灯は円筒形の構造であり、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)はその物理的な構造から広い範囲を照らすことは出来ません。
それに対して、技能を磨いていると言うことだ。
各メーカーではどのようにしてLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)で広範囲を光らせるかと言う点について、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の場合は同じ明るさで蛍光灯の半分以下の電気で済みます。
蛍光灯と違って製品寿命は段ちがいに長くなっているのだ。
又、電気代や交換費用を考えてみるとそれ程の価格差はないと言えるだろう。
製品一つ当たりの価格は蛍光灯よりも高いのですが、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明の人気を集めていると言うことだろう。
多少価格が高くても地球温暖化対策に貢献していると言う意識が、以後も新しい製品が次々と出てくると考えられます。
蛍光灯を交換する時にはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明を検討してみるのもいいのではないだろうか。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました