省エネのエルイーディー:省エネ対策でエルイーディーの登場

省エネ対策が必要と言われている。
地球温暖化の対策として、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明が脚光を浴びている。
国や企業等で執行するグレードの対策でもありますが、現在の白放射される熱電球や蛍光灯に代わるものとなるからだ。
蛍光灯の50%以上の削減が出来ると言われている。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の省エネ効用は大きく、エアコンやテレビ、人間の生活のなかで電気を使用するものは、冷蔵庫が一般的に言われていますが、照明器具もかなりの電気を使用しているのだ。
工場や駅、家庭内だけではなく、街角等いたるところに照明がある。
それらは殆ど夜通し点灯されているのだ。
そして、かなりの電気を使用していることが想像出来るだろう。
日本中の照明を考えると、国が注目するのも当たり前です。
それがLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明にするだけで半分になるのですから、問題点もある。
それはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が蛍光灯等に比べると暗いと言うことだ。
メーカー各社は新製品の開発を急いでいる。
蛍光灯と同じだけの明るさを出す為に、今までのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)よりも段ちがいに明るい製品が続々と出てきているのだ。
かなりの量の需要が見込めますから、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を制作しているメーカーとしては、必死で開発しているのだ。
以後の照明はLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が正統派になることは間ちがいありません。
一気に照明が入れ替わることにはなりませんが、もちろん、蛍光灯の製品寿命がきたものからだんだんと交換されていくだろう。
多少高くてもLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明を購入しようと言う人が出てくるのだ。
国民の間にも省エネに対する意識の高まりがありますから、二酸化炭素排出量の削減に貢献することが期待されているのだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました