エルイーディー電球、省エネ対策でエルイーディーの登場

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)電球は今までの白放射される熱電球にとって代わるものだ。
以後新しい照明器具を購入するのであれば、製品寿命と省エネ効用に大きく差が出ますから、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)電球を購入すべきだろう。
そのまま電球だけの交換も可能だ。
形は白放射される熱電球と同じですから、いい言葉かりではありません。
ですが、それは値段だ。
白放射される熱電球の10倍以上はある。
現在はかなり安くなってきていると言っても、それでも電気代と製品寿命を考えるのであればお得と言えるのだ。
メーカー各社が技技能を結集して新製品に取り組んでいるのだ。
国の政策としても省エネを大きく取り上げていますから、電気代や価格だけで差が出るわけではありません。
照明ですから明るさが一番大切だろう。
あまり活用価値がないからだ。
暗い照明ならば、価格が高くても明るい方を消費者が選ぶかもしれません。
ですから、4.1WのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)電球では40Wの白放射される熱電球とほぼ同じくらいの明るさと言われている。
それで電気代は10分の1以下になっている。
実際に長時間点灯したすがたを考えるのであれば、現在の価格でも、白放射される熱電球よりも安くなると言う計算結果も公表されている。
街灯等はかなりの時間点灯している。
メンテナンスの手間が要りません。
電球の交換も殆ど必要ありませんから、大変に楽だ。
高い位置に取り付けた電球でも交換しなくて良いのであれば、照明を取り付ける時の考え方が変わってくるかもしれませんね。
以後の新築住宅では、インターネット等で多様なメーカーの商品を探してみましょう。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました