クルマのエルイーディー、省エネ対策でエルイーディーの登場

あなたがいつも乗っている自動車にはたくさんのライトが付いている。
一般的なクルマであればランプが使用されている。
明るさを確保する為にたくさんの電気を消費している。
バッテリーの電気で点灯していますが、ライトをつけたままにしておくとバッテリーが空になってしまうことは理解されているだろう。
最近流行りのハイブリッドカーでは電気の消費量をなるべく減らすことが課題となる。
ランプをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にしているものがある。
その為、またランプと違って製品寿命が長いと言うことも大きな長所だ。
交換を少なくすることで不要なゴミを減らすことが期待出来ます。
環境のことを考えるなら、多様な点を考えるとLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の方がお得と言えるのだ。
半導体を活用することで多様な色を創り出すことが出来ます。
又、ネオンサインのような照明も容易に出来るのだ。
クルマ用のLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は平常のクルマショップで販売されている。
自分で交換することも可能だ。
車いじりが好きな人なら、クルマのヘッドライト等の交換は意外と大変だ。
交換せずに済むようにLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にしたいものだ。
消費電力は直接省エネに関わってきます。
ハイブリッドカーであれば、効用は表れてくるのだ。
少しでも電力につかう消費電流を減らすことが出来れば、夜の運転も日常的だ。
クルマの場合は、かなりの省エネになることは明白です。
ライトの電力につかう消費電流が10分の1になるのであれば、5時間でバッテリーが空になるところが、単純な計算でも、50時間持つことになるからだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました