エルイーディーのイルミネーション、省エネ対策でエルイーディーの登場

街のあちらこちらでイルミネーションを見かけます。
クリスマスの時期になると、触ると少し放射される熱いぐらいでした。
昔は殆どが白放射される熱電球でしたから、たくさんの電気を消費していたのだ。
最近は殆どがLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に代わっている。
ですが、省エネの切り札と考えられている。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)はイルミネーションに限らず、街角のたくさんのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を付けたイルミネーションは意外と電気を消費していないのだ。
店の看板の電気程度と同等と言われている。
まさに省エネと宣伝効用を両立させたものになっているのだ。
多様な色を創り出すことが出来ます。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は半導体ですから、電子部品としてはありふれた部品だ。
最近の省エネの推進によって照明用LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が大きな需要が出てきたと言うことだ。
今までは電子機器に使用されてきましたが、イルミネーション専用のLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)等もたくさん出まわるようになった。
防水でなければなりませんし、屋外に設置しますから、配線にも考慮が必要となる。
取りつけもプロに頼むことが多いだろうから、又、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)だけでの購入は少ないと言えるだろう。
家庭のクリスマス用イルミネーション等もありますね。
もちろん、おもちゃ屋さん等で販売されている。
比較的安価で、電球が切れたりしていましたが、今までのランプタイプであれば、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ならば製品寿命が長いですから交換の心配は殆どないと言っていいだろう。
省エネはこのようなジャンルからどんどん進んでいくと言うことなのだろう。
自分たちに出来る省エネの一つと考えて良いのだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました