シャープのエルイーディー、LEDの開発商品いろいろ

省エネ効用が高いと言われているものにLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)がある。
これは電球を置き換えるものだ。
いたるところで使用されている照明器具の発光源をLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に変えることで電気消費量は約10分の1に激減します。
各メーカーはこぞって新製品の開発を行っているのだ。
そのなかでシャープを紹介しよう。
シャープ自体は電子機器に使用するLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を昔から作ってきました。
家庭用LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)電球を生産している。
その技能を活かして、買ってきてそのまま付け替えることが出来ます。
シャープのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)電球は白放射される熱電球と同じ形ですから、省エネ効用だけではなく付属のリモコンで光の色を変えることが出来るタイプがある。
又、これを調色機能と呼んでいる。
部屋の雰囲気創り等、時間帯や天気、多様な現状で色を変えられるのだ。
以後の新しいタイプの照明として注目を集めるのではないだろうか。
明るさも変えることが出来ますから、もちろん、色と明るさの変化を楽しむことが出来ます。
一般にLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)電球の問題点は明るさにある。
どうしても白放射される熱電球に比べるとLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の明るさは劣っている。
近隣を明るく照らすことが必要となる。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明では自分自分が光ることではなく、明るさも段々と改善されてきている。
最近の技能の進歩によって、現在の商品でも実用上の問題はないと考えられます。
シャープのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)電球の明るさは業界トップクラスの数字を出しているそうだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の生産メーカーでもありますから、シャープは家電製品のメーカーでもあり、以後も多様なタイプの省エネLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明を開発していくのではないだろうか。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました