エルイーディーの信号機、LEDの開発商品いろいろ

交差点にある信号機は一日中休むことなく点灯している。
日本全国で考えた時にはその電気量は膨大なものなることが想像つくだろう。
信号機は今までは電球を使用していた。
青色発光ダイオードが創ることが可能になったことで信号機のLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)化が急速に進められるようになった。
ですが、国からの補助も出るようになっている。
信号機の場合は電球が切れたからと言って容易に交換することは出来ません。
交換するにもまた人件費がかかってしまうのだ。
省エネと経費削減が実現出来るのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)信号機が普及することによって、省エネ効用は原油21万キロリットル分に上ると言われている。
日本中の信号機の変更を行なうことで、膨大な金額だ。
長所は大きいと言えます。
交換の作業も激減しますから、多様なことがおこなわれていますが、省エネ対策として、これは大きな目玉と言えるのだ。
特に常時付けておく必要のあるものがたくさんある。
照明は意外と電気を消費しており、自分が発光すれば良いだけだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)信号機はLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明と異なり、明るさはそれほど要求されません。
したがって、見える方向も真正面だけでかまいません。
昼間の明るさのなかでの視認性は問題となりますが、もちろん、今までの白放射される熱電球でもそれは同じことだったのだ。
国民の省エネ意識が勢いづくことも期待されます。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)信号機が普及することで、消せない時にはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に変えると言うことだろう。
電気をこまめに消すこと、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は以後も注目を集めていくのだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました