エルイーディーとアクオス、LEDの開発商品いろいろ

アクオスを知っていますか。

シャープが販売している液晶テレビだ。

最近これがLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)アクオスとして販売されるようになった。

高効率LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)バックライトを備えた次世代のテレビです。

次世代液晶パネルと、テレビはブラウン管から液晶へと省エネが進められている。

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用することによりさらに省エネが進められると言うことです。

そして、最近の電気製品のコンセプトとして省エネと言うことは欠かせなくなってきている。

テレビはその性質上からかなりの電力を消費します。

少しでも省エネを考えていく必要があるのだ。

ですから、元々シャープはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の生産に携わってきました。

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)アクオスを誕生させたのだ。

その技技能を使って、従来の液晶テレビに対して約30%の省エネ効用が期待されると言われている。

その点でも環境に優しいと言えるだろう。

またLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は水銀等の有害物質を含みませんから、液晶が不得意なものとして、又、ハイ速力に変化する画面だ。

それに対してLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)はその原理から瞬間的に明暗を変化させることが出来ます。
消費者の支持を得ることは出来ません。

消費電力を下げることで画質が低下するのでは、性能をそのままにして消費電力を抑えたLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)アクオスは以後注目されていくだろう。

ですから、AV評論家の鴻池賢三氏がLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)アクオスの革新技能を紹介している。
シャープのHPにそれが詳しく書かれているのだ。

他社でも同じような製品を出してきている。

テレビがまた新しい世代になったと言えるのかもしれません。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました