エルイーディーのルームランプ、LEDのの使い道がこんなに

省エネを考える時によく出てくるのがハイブリッドカーだろう。
電気とガソリンで動く自動車だ。
省エネ効用を高める為には自動車が消費する電気を減らすことが大切だ。
その一つとしてルームランプをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)化すると言うものがある。
室内の雰囲気を変えると言う目的の人もいるそうだ。
省エネと言うことではなく、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使ったルームランプについて紹介しよう。
平常の自動車ではルームランプは白放射される熱電球を使用している。
その為点けたままにしておくとかなりの電気を消耗している。
小さくても無視出来ないのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)と白放射される熱電球を比較したときには電気は8分の1ぐらいになると言われている。
明るさは逆にLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の方が明るくなる。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)のメーカーによって多様なタイプがありますから、もちろん、実際に付けようと考えているのであれば、事前に調べておくことが大切だ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の特徴である製品寿命は白放射される熱電球の数倍になりますから、又、一度取り付けたら廃車にするまで交換の必要はないと考えて良いだろう。
自動車を購入した時には標準装備としては白放射される熱電球が付いている。
後から交換する必要がある。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にしたければ、現在の技能ではLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の値段はかなり高くなっている。
それから、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が標準とならない限りは価格の大巾な低下は見込めないと考えられます。
もう少し省エネが進んで、交換作業も自分で出来る場合もありますが、又、業者等に頼んだ方が確実だろう。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の交換に興味があるような人なら、もっとも、車いじりも好きな人が多いかもしれませんね。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました