エルイーディーのテールランプ、LEDの使い道がこんなに

自動車のテールランプをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に交換すると言うことがマニアの間で流行っている。
省エネとは直接的な関係はないのですが、目的はどうあれ省エネの効用が期待出来るものだ。
このテールランプのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)化について紹介しよう。
平常の照明をLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にする為にはその形等が問題となる。
発光部分の形は内部に隠れてしまいる。
自動車の場合はプラスチックのカバーがありますから、形はどうでもよくなりますから、したがって、大抵の人でも交換がしやすいのだ。
高製品寿命化が期待出来ます。
テールランプをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に交換することで、ランプ切れの心配がないと言えるのだ。
テールランプをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にする時の注意事物がある。
指向性と輝度がある。
ランプとLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の特性の差として、指向性は光らせた時どの角度から見えるかと言うことだ。
一般的にLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の指向性は狭いため横から見ると光が殆ど見えません。
一個当たりの明るさも白放射される熱ランプよりも劣っている。
又、テールランプをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にする為にはこのような特性を理解した上で執行しなければならないのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の選定として視程角が広いものを選択することだ。
まず、メーカーの種類によって大きな差がある。
それから輝度を確保する為には数を増やすことで対応します。
テールランプの為に20個ぐらいのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を並べると言う方式だ。
小さな点をたくさん並べて、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)信号機を見たことがある人ならわかるだろうが、大きな信号機を作っているのがわかるはずだ。
その考えを応用するものだ。
テールランプの交換で少しでも省エネに貢献してみませんか。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました