エルイーディーの懐中電灯、LEDの使い道がこんなに

懐中電灯は何処の家庭にでもあるものだろう。
豆電球を点灯させるようになっている。
平常は乾電池を使用していて、プロ用はそうはいきません。
家庭用であればそれで済むのですが、レスキュー隊や警察等では明るい照明が長時間必要となる。
その為には省エネ効用の高いLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用した懐中電灯が適している。
米国の軍等でも使用されているLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)懐中電灯が国内でも販売されている。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)であれば豆電球よりも明るく照らすことが出来ます。
色も変えることが出来ますから便利です。
又、日本の警察等で毎日使用されている懐中電灯はどのくらいに上るだろうか。
それらも充電が必要となる。
乾電池ではなくバッテリータイプもありますが、そのようなところにおさえることは有効ではないだろうか。
温暖化防止の対策として、警察や病院等が使用する懐中電灯は消すことは出来ません。
必要な分だけを明るくしなければならないのだ。
確かに省エネ効用は大きいと言えます。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)懐中電灯使用することによって半分以下の電気で済むのであれば、いかに電気使用量を抑えていくかと言うことに係っているはずだ。
以後の温暖化対策は必要な照明を確保しつつ、家庭用であればなるべく使用しないと言うことは可能だ。
警察ではそうはいかないと言うことだ。
ですが、多くの人の人命に係るような時にのんびりとしていることは出来ないのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は白放射される熱電球よりも製品寿命が長くなりますから、その効用も合わせて期待出来るのだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました