自転車とエルイーディー、LEDの仕組みと活用手法

自転車のライトは夜間に乗る人には必需品だ。
最近は自転車のライトも省エネを考えてLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に代わってきている。
直接省エネとなるわけではないが、もちろん、部品の交換の回数が減ることによるゴミの排出量の削減に貢献するだろう。
自転車のライトは白放射される熱電球を使用するものが一般的だ。
自動車等から明かりが見えると言うことだ。
ライトの目的は行く先を照らすと言うことと、明るさを十分に保つと言うことにある。
自転車のライトをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に変える時に注意点としては、乾電池を使用したライトも市販されている。
自転車は発電機が付いていますが、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ライトに変更すれば乾電池の交換も回数を減らすことが出来るのだ。
自作でLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の交換をしている人等がいる。
インターネット等を見てみますと、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明と言うのは現在のところまだ高価な部類に入ります。
自転車のライトを変える必要があるのかと考えてしまいる。
そこまでして、地球温暖化の対策として個人グレードで出来ることの一つと考えてみましょう。
ですが、自転車の場合は電池不要のソーラーライトと言う商品もある。
これであれば電池の交換も不要となる。
もちろんライトはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用しなければなりません。
容易に購入出来ます。
一般にも市販されていますので、それだけでも地球温暖化に貢献しているような気がします。
自転車に乗ると言うことは、猛烈にいいことではないだろうか。
その上に資源の有効活用をすることになりますから、以後LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)はどんどん活用範囲が広がって行くだろう。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました