エルイーディーの投光器、LEDの仕組みと活用手法

投光器と言うのは屋外等で昼間のように明るく照らす照明だ。
平常はハロゲンランプが使用されている。
省エネの為に暗くすると言う訳にはいきません。
使用目的は主に業務用ですから、煌々と照らす為にはかなりの電気を消費しているのだ。
ですから、このような投光機の省エネを考える時にはやはりLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)による照明と言うことになる。
それでも明るさを確保する為には極端に電気消費量を減らすことは出来ません。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用すると消費電力は少なくて済みますが、その為放放射される熱についても考慮した構造になっている。
ハロゲンランプに比べると放放射される熱はかなり少ないと言えます。
もちろん、少しでも放放射される熱部分を小さくして軽量化を図ることが大切だ。
投光器は室内よりも室外で使用する事例が多いですから、メーカーから市販されているLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)投光器は70Wぐらいの出力が出た。
最近は駐車場や体育館等で見かけることがあるそうだ。
色の種類にはいろいろありますから、価格的には高いかもしれませんが、用途に応じて変えることも出来ます。
製品寿命が長いと言う利点も見逃せません。
メーカーの保証では10年ぐらいが一般的になっている。
屋外用とする為に外側の事例の製品寿命で決まると言えます。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)自体の製品寿命は殆ど無視して良いので、その為の費用も無視出来ません。
雨が降った時等に内部が濡れないような構造にすることは当然ですから、白放射される熱電球に近い色から、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の色としては、青、赤、緑、黄色とバリエーションがある。
電源も商用電源や直流電源のどちらも対応しているそうだ。
以後の省エネ対策として考えていかなければなりません。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました