エルイーディーと蛍光管、LEDの仕組みと活用手法

蛍光灯をLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に置き換えたECO-ライトを紹介しよう。
照明のLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)化が脚光を浴びている。
近年の地球温暖化対策として、その中の一つの商品だ。
ガラス管のなかに水銀が蒸気となって封入されている。
蛍光管と言うのはその構造として、ガラスが割れるとその水銀が大気中に散らばってしまうと言う問題もある。
ですから、省エネだけではなく環境にも配慮した製品と言えるのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使った蛍光灯は鉛を使わずに創られていますから、もちろん省エネ効用は大きいと言えます。
製品寿命が10倍と言われている。
大抵の蛍光灯に比べると消費電力で半分、総合的なCO2排出量の削減が可能です。
取り換えの手間が少なくて済むと言うことも大きな長所と言えるだろう。
それから一般的な蛍光灯はその仕組みから高周波のノイズを発生させます。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)蛍光管はそのようなノイズは一切ありません。
ですが、近くでほかの電子機器に影響すると言うことはないのだ。
ちらつきがある。
蛍光管と言うのは入ったり切れたりと言う動作を一秒間に100回ぐらい行っている為に、これはその構造上から避けられません。
このちらつきは時には大変に気になったりします。
原理的にちらつきはありません。
ECO-ライトはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ですから、光の成分がLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)と蛍光管では違うと言うことがある。
長期間照明を受けたものは商品等の劣化が進むことになる。
蛍光管は紫外線を出していますから、商品の陳列棚の照明等もLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にすることが望ましいと言えるのだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました