プリウスのエルイーディー、LEDの仕組みと活用手法

自分の車のライトを自作でLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に交換すると言う人はたくさんいるそうだ。
皆さんいろいろと試行錯誤しているのだ。
インターネット等で調べてみると、そのような中でプリウスはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ヘッドライトを採用した。
今まで自動車のライトにLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用しなかったのは価格が高かったためだ。
以後の普及により低価格化が進むことが期待されます。
プリウスに採用されたことから、内部での電気の使用量を抑えることは大変に意味のあることだ。
プリウスはハイブリッド車ですから、省エネの効用は大きいと言えるのだ。
ヘッドライトは夜間に常時付けておきますから、採用されているLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ヘッドライトは日亜化学工業のLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を活用して小糸製作所が制作している。
その数を減らすことができているそうだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の発光効率を高めることによって、これにより価格を抑えることができたのだと言うことだ。
国の政策として地球温暖化対策を進めることが大切になってきている。
その省エネのなかでLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)化と言うのが注目されているのだ。
自動車産業は日本の産業の中核でもある。
そのなかで先陣を切ってプリウスがLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ヘッドライトを採用したことは大きな意味がある。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)化によって車体価格の上昇は避けられません。
もちろん、時代の流れのなかで技能の進歩が期待出来るのではないだろうか。
ですが、以後だんだんと安価なLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が開発されていくことは間ちがいありません。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました