ソーラーエルイーディー、LEDの使い道がこんなに

それは同時に電気工事を伴うことになる。
照明を付ける時に電気が必要ですが、玄関や門扉のところに照明を付けようとすると、街角だけではなく、照明以外の部分の費用が無視出来ないと言うことだ。
そこで最近流行りのソーラーLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を紹介しよう。
地面に埋め込まれた太陽電池とそれによって光るLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を組み合わせたものだ。
太陽電池が発生する電気エネルギーで十分賄うことが出来るのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は省エネの切り札と言われるほどに電力につかう消費電流をおさえることが出来ますから、だいたい1日3時間程度日光に当てることが出来れば夜になって光らせることが出来るそうだ。
メーカーのカタログを見てみますと、配線等が一切ありませんから工事も容易だ。
埋め込み型であり、ビルの壁面等に使用している事例もあるそうだ。
ビルのイメージアップには効用的ではないだろうか。
設置場所を選びませんから、照明の色もたくさんある。
ビルに高級感を持たせることが出来るのだ。
省エネとしても有効だろう。
電気を一切使用しませんから、内部は防水構造になっていますから、又、メンテナンスをする必要はありません。
使用し続けることが出来るのだ。
取り付けたら建物を壊すまで、実質的な製品寿命はないと考えて良いのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)もソーラーも半導体でできていますから、昼間の電気を蓄えておくバッテリーも特殊なもので製品寿命が長いものを使っている。
又、特殊なポリカーボネイトを使用していると言うことだ。
一番問題となる事例の表面の傷ですが、クルマが通っても傷が付きにくいのだそうだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました