省エネと電気、LEDの使い道がこんなに

省エネと電気について考えてみましょう。
電気の消費を減らすことでどのくらい省エネに効用があるのだろうか。
電気をこまめに消しましょうといったPRをよく見ますが、電気はどのようにして創られているのだろうか。
その前に、工場や各家庭に送電線を通して供給されている。
電気は発電所で創られてから、原子力のエネルギーで電気を発生しているのだ。
天然ガスや石油、日本での発電量は年々増加している。
それは使用量が増加しているからだ。
家庭でも仕事場でも電気をたくさん使っている。
最近は夏も冬もエアコンを使用するところが多くなってきました。
電気量はふえる一方です。
電気を起こす為に石油等を燃やしまうから結果としてCO2を排出することになる。
間接的にCO2を排出していることに他なりません。
電気を使用すると言うことは、発電所の石油等の使用量を削減することが出来ます。
各家庭や職場での電気消費量を減らすことによって、このことが省エネとなると言うことです。
こまめに電気を消したとしても大きな効用は期待出来ません。
ですが、一日中点けておかなければならない照明等があるからだ。
それは、一番いい例は交差点の信号機だ。
赤、青、黄のどれかが1年中点灯しているのだ。
世界中を考えたら、日本中、かなりの電気消費量になる。
その為最近ではLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)への交換がなされるようになってきたのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は電球よりも電気消費量が少ないですから、省エネに効用が高いと注目を集めているのだ。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました