エルイーディーテレビ

テレビは何処の家庭でも最低1台はあるだろう。
最近は液晶テレビと言う薄型のものが人気を集めるようになった。
液晶を光らせる照明は蛍光管が使用されている。
ブラウン管タイプよりも省エネ効用がありますが、蛍光管に代わってLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用するようになった。
そこで省エネ効用を高める為に、それがLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)テレビです。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用した液晶テレビは蛍光管に比べると割高となる。
価格が高ければ一般消費者には受け入れられないのが現状だ。
家電製品の王様とも言えるテレビですが、シャープの場合はLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)として白色LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を採用している。
商品の価格を抑えることが出来ると言うことだ。
白色LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は比較的安価で、単純な置き換えは出来ません。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は蛍光管よりも輝度が暗くなりますから、内部の駆動回路や液晶パネルを工夫しなければならないのだ。
したがって、その辺りが各メーカーの技技能の見せ何処ろと言えます。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)を使用したテレビを制作するにはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)にかんする技能がなければなりません。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明を製作している方が有利と言えるかもしれません。
テレビメーカーはたいていのところがLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明を製作しているそうだ。
ただし、内部は高度な技能が使われていると言うことになるのだ。
テレビの外側はあまり変わらないように見えますが、このような技能は日本が得意とするところだ。
日本から世界中へ広がっているのではないだろうか。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明についても、日本人として誇らしく思っても良いだろう。
テレビの進化に注目していきましょう。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました