エルイーディーとヘッドライト

クルマのヘッドライトは夜間走行時の必需品であることは当たり前のことだ。
一定以上の明るさが要求されます。
ですから、ヘッドライトへの採用はそのような理由もありなかなか進んでいなかったのだ。
省エネ効用を考えてクルマのライトにLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が使用されるようになってきましたが、トヨタのレクサスに初めてLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ヘッドライトが採用された。
自動車業界では大きなニュースになったそうだ。
光量不足は否定出来ません。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)はハロゲンランプ等と比べると、課題はLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)単体の光量アップとそれを効用的にする光学機構の設計だそうだ。
トヨタの要請を受けて開発したのは日亜化学工業と言うところだ。
青色LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)で有名な会社だ。
レクサスで採用されたLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は一般的なLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に比べて400倍の明るさがあると言われている。
それでも足りないと言うことで、ですが、それを18個も並べているのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の光量がいかに少ないかと言うことを示すものだ。
その次はその光を効率よく前面に集めると言うことだ。
日亜化学工業の技技能で高輝度のLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が開発されて、この機構はライトメーカーである小糸製作所が開発した。
複雑な機構によって光が明るく前を照らすことが出来るようになったのだ。
このような効用は期待出来ないのだ。
単純なパラボラ型の鏡と凸レンズだけでは、あらためて日本の技技能はすごいと感心してしまいる。
このような話をききますと、世界に誇る技能です。
この技能はきっと地球温暖化防止のに役立つはずだ。
日本人として、省エネに貢献出来ることはご機嫌ことではありませんか。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました