エルイーディーの製品寿命

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は以後の照明として脚光を浴びるようになってきました。

電力につかう消費電流が少ない為に省エネ効用が期待出来るからだ。

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は省エネ効用だけではなく長製品寿命と言う長所もある。

ですが、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の製品寿命について考えてみましょう。

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の製品寿命とはどう言うことだろうか。

フィラメントが切れてまったく点灯しなくなる。

白放射される熱電球等であれば、明るさが落ちると言う症状になる。

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)はまったく点灯しなくなると言うことはなく、日本照明機器工業会と言うところでLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の製品寿命の厳密な定義がなされている。

それによると明るさが元の70%になったら製品寿命がきたと言うことになる。

LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)は電流を流すことで光を発生する半導体でできている。

同時に製品寿命を縮めることになる。

たくさんの電流を流せば明るく光りますが、近隣を包み込んだ樹脂の部分が劣化するのだ。

半導体部分の劣化と言うものはないが、放射される熱が発生することを防ぐことは出来ません。

電力につかう消費電流は少ないと言っても、その放射される熱によって樹脂が少しずつ溶けていくと言うことです。

明るさと言うものが大切になってきます。

最近のようにLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が照明として使用されるようになると、LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の製品寿命はLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明の品質に大きく関わってくると言うことになるのだ。

約10年と言われている。

一般的にはLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の製品寿命は4万時間、実用上は製品寿命のことを考える必要はないといえるだろう。

このように長所の多いLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)ですから、10年も交換する必要がないのであれば、以後多くのところで使用されるようになる。

LEDと省エネ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました