ペットの医療保険が案外便利というお話。

ペットの医療保険が案外便利というお話。

家族同様に暮らしているペットたち、突然病気になったらどうしよう!

かわいいワンちゃんやネコちゃんが、下痢になったり風邪を引いたり、交通事故で骨折したり・・

そんなときは、獣医さんのいるペットクリニック、ペット病院、動物病院などと言われるところに診てもらいに行くことになります。

人間が病院に行くときには、いつも保険証をもっていって窓口で見せます。

でもでも、ペットちゃんには保険証なんてありません。

どうしましょう!医療費が実費ですから、とても高くつきます。

だから、ペットにもペット保険が必要なんですね。

人間社会のように、ペットには公的な医療保険がありません。

ですから、動物であるペットの医療費は全部、100%、自己負担と言うことになるんです。

ペットもいつ何時、事故にあったり、病気になるかわわかりません。

そんなとき突然、高額な診療費がかかってしまいます。

軽い風邪や下痢くらいならまだいいのですが、大きなケガなどで手術が必要になったとか、内臓のひどい病気で手術とかになってしまうこともあり得ます。

そんな大きな病気や事故による怪我は、ある日、突然にやって来るんです。

そんなときのペットの医療品は大変な金額になつことが多いのです。

かわいいペットのためですから何とか貯金を崩して何十万円も用意すると言うことになる場合もあります。

でもでも、そんな高額な治療費を準備するのは簡単ではない場合もあります。

人間社会のように医療保険があればいいですね。

しかし、ペットの世界にも、ペット保険があるんです。万が一の場合に備えてペット用に医療保険のサービスがあります。

そんなペット保険に入っていれば、そのペット保険を利用することで、人間のように気軽に病院にかかることができます。

最近なんだかウチのワンちゃん元気がないわね?などと感じたときに気軽にペット病院に連れて行くことができます。

人間と同じようにペットもケガや病気は、早期発見、早期治療が必要です。

スポンサーリンク

ペット医療費の請求手続き

ペット用の医療保険は民間会社のサービスがいくつかあります。

人間の社会保険や国民健康保険などとは使い方が違います。実際のペット保険の使い方をまとめてみます。

1・動物病院で受診します。

ペット病院、動物病院で実際に診療してもらい、そのときにかかった治療費は、いったん飼い主が全額支払う必要があります。

病院で支払った治療費の領収証を必ず発行してもらいます。これが後のペット保険の医療費請求に使われます。

2・ペット保険へ医療費請求をする書類作成をする

ペット保険会社の指定の保険金請求書などを取り寄せます。

その中には、ペットが受診した病院の先生に治療の内容などを記入してもらう項目がありますので、動物病院へ書類を持って行って記入してもらい、獣医師の署名をもらってきます。

3・必要書類を郵送します。

保険金請求書の記入がととのったら、実際に支払った治療費の領収書を一緒にペット保険の会社に郵送します。

4・保険金を受取る

ペット保険会社で書類が審査され、特別な不明点などがなければ通常2週間~3週間くらいで銀行口座に治療費用が振り込まれます。

「ペットの医療保険が案外便利というお話。」まとめ

どこのペット保険会社のサービスも似たような手続きです。窓口で支払う金額がいったんは多くなるのが、人間の医療保険とは違いますね。

動物病院の場合は、いったんは全額自費診療です。それを後から保証してくれるのがペット保険ということになります。

それでも保険があれば、高額な治療費担ってしまった場合も、あとからでも戻ってくることがわかっていれば、思い切って高度な医療を受けさせてあげることができますね。

家族同然に暮らしているペットちゃんたちのためには、万が一に備えてペット保険という便利なサービスを活用するのもありだと思います。

いっぱいあるペット保険の一括見積もりができるサイトがあります。

無料でパンフレットを送ってもらったり、条件にあったところを選ぶことができます。
保険スクエアbang!/ペット保険資料一括請求

コメント

タイトルとURLをコピーしました